ジャン=ルイ・ド・ランビュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=ルイ・ド・ランビュール (Jean-Louis de Rambures1930年5月19日2006年5月20日) は、フランスのジャーナリスト、作家、翻訳家、文化担当官。フランス語全名は、ジャン=ルイ・ヴィコント・ド・ブレティゼル・ランビュール(Jean-Louis Vicomte de Bretizel Rambures)。

Jean-Louis de Rambures

生涯[編集]

両親は、ブラジル出身の母、ルシール・カロジェーラと、フランスのピカルディ出身の父、グラーフ・ベルナール・デ・ブレティゼル・ランビュール。両親の母国語である、ポルトガル語とフランス語を学んだだけでなく、早くからドイツ語とドイツ文学にも触れ、後に翻訳家として大成功を収めた。トゥールーズとパリの高校を卒業後、両市の大学に通い、パリ政治学院で法学とドイツ語の学士号を取得、また、テュービンゲン(ドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州)の大学で、ドイツ語文学を学んだ。1958年、月刊誌リアリティーズで働き始め、数多くの芸術家達、ヘルベルト・フォン・カラヤンカールハインツ・シュトックハウゼンルキノ・ヴィスコンティなどについての記事を書いた。1968年以降は、美術誌コネッサンス・デ・ザール、レクスプレス、日刊新聞ルモンドで、25年以上に渡って記事を書き続けた。彼の関心は特に、作家の仕事への取り組み方と、どのようにして文学が生まれるのかということに向けられていた。それゆえ数え切れないほどの作家達に接触を試み、ロラン・バルトジュリアン・グラックジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ、エレ-ヌ・シクス、ヘルタ・ミュラーエルンスト・ユンガートーマス・ベルンハルトギュンター・グラスハインリヒ・ベル、その他多くの作家達が彼との対談に応じた。それを元に、彼の主要作品であり、25人もの著者との対談を収録した、「Comment travaillent les ecrivains、パリ フラマリオン出版、1978年」(作家の仕事部屋)が生まれた。この著書は日本語に翻訳され、1979年東京で刊行された(岩崎力訳、中央公論社)。また70年代初め以降、ランビュールは、ボンでフランスの文化担当官を務め、1975年にはフランス外務省文化課に勤務した。1987年と1995年の間に、初めにザールブリュッケン、その後フランクフルト・アム・マインで、フランス語学院の校長を務めた。翻訳家としても有名になり、とりわけ、パウル・ニゾンは彼を通して初めてフランス市民に知られるようになった。

賞歴[編集]

ジャン=ルイ・デ・ランビュールは、芸術文化勲章、シュヴァリエ(騎士)を授与され、またドイツ連邦共和国一等功労十字章を受章した。

著者[編集]

Comment travaillent les écrivains (作家の仕事部屋、パリ フラマリオン出版、1978年)

出典[編集]

  • Jean-Louis de Rambures - Article publié le 31 Mai 2006
  • Par Nicole Zand - Source : LE MONDE - Taille de l'article : 267 mots

Extrait :

  • Traducteur, critique, et grand connaisseur de la littérature allemande. JEAN-LOUIS DE RAMBURES, spécialiste de la littérature allemande, traducteur et critique, qui collabora pendant près de vingt-cinq ans au « Monde des livres », est mort dimanche 21 mai. Il a été enterré mardi 23 mai, à Vaudricourt (Somme). Né en 1930 à Paris, fils d'un vicomte picard et d'une Brésilienne qui le fit élever par une gouvernante allemande, tel un personnage de Thomas Mann, bilingue de naissance, il s'évada bientôt dans l'écriture des autres, passionné par le métier des écrivains, la structure de leur style et les diverses conceptions de la traduction.
  • lemonde.fr Archiv


外部リンク[編集]