ジャン=ピエール・オーモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ピエール・オーモン
Jean-Pierre Aumont
ジャン=ピエール・オーモンJean-Pierre Aumont
『リリー』のワンシーン
本名 Jean-Pierre Salomons
生年月日 1911年1月5日
没年月日 2001年1月19日(満90歳没)
出生地 パリ
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 Blanche Montel (-1940)
マリア・モンテス (1943-1951)
マリサ・パヴァン (1956-2001)

ジャン・ピエール・オーモンJean-Pierre Aumont、本名:Jean-Pierre Salomons、1911年1月5日 - 2001年1月29日)は、フランスの男優。パリ出身。

来歴[編集]

父親はデパートのオーナー。両親共にユダヤ系で、叔父に俳優がいた。16歳からフランス国立高等演劇学校コンセルヴァトワール)に学び、21歳の時にプロとして初舞台を踏む。卒業後はルイ・ジューヴェの門に入り、ノエル・カワード作『生活の設計』やその他の舞台に出演する。

1931年に映画デビュー後、『白き處女地』(1934年)、『海のつはもの』(1936年)等の作品に出演して若い2枚目として人気を博したが、1940年にドイツ軍のパリ占領を逃れて渡米する。

アメリカで舞台に出演し、サンフランシスコでの上演中、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー首脳部から声がかかり、アメリカでの映画出演第一作『ブリタニーの任務』(1943年)に出演する。同年、『ロレーンの反撃』を撮り終え、フランス軍に参職する。

ティナ・オーモンは、2番目の妻であり「テクニカラーの女王」と呼ばれたドミニカ共和国出身の女優マリア・モンテスとの間の実娘。

1973年にはギリシャ首都アテネで開催された第22回ミス・ユニバース世界大会で、ファッションデザイナー森英恵と共に審査員を務めた。

主な出演作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]