ジャニーヌ・リュエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャニーヌ・マリー・クレメンティヌ・リュエフJeanine Marie Clementine Rueff, 1922年2月5日 - 1999年9月)は、フランス女流作曲家。主に室内楽曲・独奏曲の分野で活動した。

パリに生まれ、パリ国立高等音楽院アンリ・ビュッセルに師事して作曲を学び、1948年ローマ賞を受賞。後にパリ国立高等音楽院の和声学の教授も務めた。マルセル・ミュールダニエル・デファイエら著名なサクソフォーン奏者と親交があり、彼女自身もサクソフォーンのための音楽の作曲者として有名である。[1]

主要作品[編集]

※「サクソフォーンのための演奏会用四重奏曲」とも。
  • ソナタ(サクソフォーン・ソロのための) Sonata pour saxophone seul (1967年)

出典[編集]

  1. ^ "Jeanine Rueff" ジャニーヌ・マリー・クレメンティヌ・リュエフ , Sax, Mule & Co, ジャン=ピエール・ティオレ (Jean-Pierre Thiollet), H & D, 2004, 172