ジャイヤ・サエルア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャイヤ・サエルア Football pictogram.svg
名前
本名 Jaiyah Saelua
ラテン文字 Jaiyah SAELUA
基本情報
国籍 アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモア
生年月日 1988年7月19日(26歳)
出身地 パゴパゴ
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006- アメリカ領サモアの旗ブラック・ローゼス
代表歴
2006- アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモア 10 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャイヤ・サエルアJaiyah Saelua, 1988年7月19日 - )は、アメリカ領サモア出身のサッカー選手。

ファファフィネ(第三の性)を持つ世界初のサッカー代表選手である。出生名は、ジョニー・サエルア(Johnny_Saelua)

来歴[編集]

ハワイ大学システム舞台芸術を専攻[1] 。幼少からバレエを習っており、バレエでの軽快な動きがサッカーにも応用できることを知り、サッカー選手への転身を決める。ちなみに、地元の私立学校で唯一実施していたスポーツがサッカーだったのが、サッカーを始めたきっかけである[2]。国内(FFASサッカーリーグ)のブラック・ローゼスに所属。

2011年12月にはBBCの「World Football radio show」に出演した[1]

アメリカ領サモア代表では2006年からワールドカップ予選などに出場している。2011年11月22日のトンガ戦では途中出場し、代表の1983年ウォリス・フツナ戦以来の勝利とFIFA公式戦初勝利に貢献した。試合前には必ず紙をカールにし、メイクも施すという。FIFAのゼップ・ブラッター会長は、「プロスポーツ界で、特にサッカー界において同性愛や性同一性障害に取り組み続けるジャイヤは、世界の人々やほか の選手たちにとって真の刺激と励ましを与え続けている」と称賛のコメントをおくっている[2]。尚、日本のサッカーにも興味を持っており、2011 FIFA女子ワールドカップアメリカ(自国の宗主国でもある)を破って優勝したなでしこジャパンの大ファンでもある[2]

2013年イギリス製作(2014年5月17日日本初公開)の映画『ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦』にも出演した[3]

代表歴[編集]

アメリカ領サモア代表(2006 -)10試合0得点

出場大会[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

※いずれも、出生名のジョニー・サエルア(Johnny_Saelua)名義で登録されている。