ジフェニルメタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジフェニルメタン
識別情報
CAS登録番号 101-81-5
PubChem 7580
MeSH Diphenylmethane
特性
化学式 C13H12
モル質量 168.234
外観 無色液体
密度 1.006 g/mL
融点

22-24 °C

沸点

264 °C

への溶解度 非極性有機溶媒に易溶
危険性
主な危険性 可燃性
引火点 >230 °F
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジフェニルメタン (diphenylmethane) とは、示性式が (C6H5)2CH2 と表される芳香族炭化水素。メタンが持つ水素が2個フェニル基に変わった構造を持つ。その構造は多くの化合物に見られる骨格で、水素が1個除去された1価の置換基、ジフェニルメチル基のことは特にベンズヒドリル基 (benzhydryl group) と呼ばれる。

ジフェニルメタンは、塩化アルミニウムなどのルイス酸存在下、塩化ベンジルベンゼンフリーデル・クラフツ反応により得られる[1]

C6H5CH2Cl + C6H6 → (C6H5)2CH2 + HCl

トリフェニルメタンと同様に、ジフェニルメタンは様々な色素の部分構造となる。カラーインデックスにおいて、ジフェニルメタン誘導体には 41000 番台の番号が割り当てられている。

ジフェニルメタン誘導体色素の1種、オーラミンO の化学構造

脚注[編集]

  1. ^ Hartman, W. W.; Phillips, R. Organic Syntheses, Coll. Vol. 2, p.232 (1943); Vol. 14, p.34 (1934). オンライン版