ジェイムズ・オグルヴィ (第4代フィンドレイター伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・オグルヴィ(1695年、John Baptist Medina作画)
ジェイムズ・オグルヴィ(1704年、Godfrey Kneller作画)

第4代フィンドレイター伯爵および初代シーフィールド伯爵ジェイムズ・オグルヴィ: James Ogilvy, 4th Earl of Findlater and 1st Earl of Seafield1664年7月11日 - 1730年8月19日)は、スコットランドの貴族、政治家。シッスル勲章勲爵士、枢密顧問官

第3代フィンドレイター伯爵ジェイムズ・オグルヴィと妻のアン(Lady Anne Montgomerie、第7代エグリントン伯爵英語版ヒュー・モントゴメリーの娘)の間に生まれる。

1865年スコットランド弁護士会Faculty of Advocates; アドヴォケイト同業者組合)会員に選出。1681年より1682年及び1689年より1695年までバンフシャー英語版選出議員。1693年よりスコットランド法務次官Solicitor General for Scotland; 司法次官)、1702年より1704年及び1705年より1708年までスコットランド大法官Lord Chancellor of Scotland)。1696年より1702年及び1704年より1705年まで国務大臣Secretary of State)。

1698年に「シーフィールド子爵」、1701年に「シーフィールド伯爵」にそれぞれ叙された。また1707年連合法の制定に際し、スコットランド側の代表の一人としてイングランドとの交渉にあたったが、1713年までに考えを改め、連合の廃止を求めた。

1713年から1714年までスコットランド国璽尚書Keeper of the Great Seal of Scotland)。1707年から1710年1712年から1715年1722年から1730年の三度、スコットランド貴族代表議員として貴族院議員を務めた。1707年に(グレートブリテン王国の)枢密院顧問官となる。また同じく1707年に財務府裁判所主席判事(Lord Chief Baron in the Court of Exchequer)に指名。1711年、父の死により第4代フィンドレイター伯爵となる。

1687年にサー・ウィリアム・ダンバー準男爵の娘であるアンと結婚し、彼女との間に爵位を相続したジェイムズのほか、第6代ローダーデイル伯爵英語版チャールズ・メイトランド夫人となったエリザベス、初代ファイフ伯爵英語版ウィリアム・ダフ夫人となったジャネットらをもうけた。

先代:
初代マーチモント伯爵
スコットランド大法官
1702年 - 1704年
次代:
第2代ツィードデール侯爵
先代:
第2代ツィードデール侯爵
スコットランド大法官
1705年 - 1708年
次代:
(空位)
先代:
第3代ルーデン伯爵
スコットランド国璽尚書
1713年 - 1714年
次代:
初代アナンデイル侯爵
先代:
(創設)
シーフィールド子爵
初代: 1698年 - 1730年
次代:
ジェイムズ・オグルヴィ
先代:
(創設)
シーフィールド伯爵
初代: 1701年 - 1730年
次代:
ジェイムズ・オグルヴィ
先代:
ジェイムズ・オグルヴィ
フィンドレイター伯爵
第4代: 1711年 - 1730年
次代:
ジェイムズ・オグルヴィ