ジアリドリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジアリドリ科
ジアリドリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : タイランチョウ亜目 Tyranni
下目 : カマドドリ下目 Furnariides
小目 : カマドドリ小目 Furnariida
上科 : ジアリドリ上科 Grallarioidea
: ジアリドリ科 Grallariidae

ジアリドリ科(ジアリドリか、学名 Grallariidae)は、鳥類スズメ目の科である。

中南米に生息する。

系統と分類[編集]

Moyle et al. (2009)[1]より。かつて Sibley et al. (1988) のジアリドリ科 Formicariidae に含まれていた属に ★ を付けた。

カマドドリ下目
アリドリ小目

アリドリ科 Thamnophilidae



ムナオビオタテドリ科 Melanopareiidae


アリサザイ科

アリヤイロチョウ属 Pittasoma



アリサザイ属 Conopophaga



カマドドリ小目
ジアリドリ上科
ジアリドリ科


ヒメジアリドリ属 Grallaricula




モリジアリドリ属 Hylopezus



アシナガアリドリ属 Myrmothera





ジアリドリ属 Grallaria




オタテドリ科 Rhinocryptidae



カマドドリ上科
アリツグミ科

カオグロアリツグミ属 Formicarius



アリツグミ属 Chamaeza




カマドドリ科 Furnariidae





おそらくオタテドリ科 Rhinocryptidae と姉妹群であり、共にジアリドリ上科 Grallarioidea を形成する[1]

分類史[編集]

かつてはアリドリ科 Formicariidae(和名は学名の訳になっていない)に、現在のアリドリ科アリツグミ科アリサザイ科と共に含められていた。

しかしSibley et al. (1988) により、それらはのアリドリ科 Thamnophilidae、ジアリドリ科 Formicariidae、アリサザイ科 Conopophagidae(当時はアリサザイ属のみ)に分割された。

Moyle et al. (2007) によりさらに、ジアリドリ科 Formicariidae は、ジアリドリ科 Grallariidae とアリツグミ科 Formicariidae に分割され、アリヤイロチョウ属 Pittasoma はアリサザイ科に移された[2][1]

属と種[編集]

属と種は国際鳥類学会議 (IOC) による[3]。4属51種からなる。Moyle et al. (2009) により除外された3属14種も参考として記す。

現在のジアリドリ科[編集]

除外された属と種[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Moyle, Robert G.; Chesser, R. Terry; et al. (2009), “Phylogeny and phylogenetic classification of the antbirds, ovenbirds, woodcreepers, and allies (Aves: Passeriformes: infraorder Furnariides)”, Cladistics 25: 1–20, doi:10.1111/j.1096-0031.2009.00259.x 
  2. ^ AOU N&MA Check-list Committee, ed. (2007), “Change classification of the Formicariidae”, Proposals 2007-A, p. 33–37, http://www.aou.org/committees/nacc/proposals/2007-A.pdf 
  3. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2012), “Antbirds to tapaculos”, IOC World Bird Names, version 2.11, http://www.worldbirdnames.org/n-lyrebirds.html