アリドリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリドリ科
シマアリモズ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : タイランチョウ亜目 Tyranni
下目 : カマドドリ下目 Furnariides
小目 : アリドリ小目 Thamanophilida
: アリドリ科 Thamnophilidae
学名
アリドリ(蟻鳥)
英名
Antbirds
亜科

Thamnophilidae distribution.PNG

アリドリ科(アリドリか、学名 Thamnophilidae)は、鳥類スズメ目の科である。アリドリ(蟻鳥)と呼ばれる。

特徴[編集]

中南米に生息する。

全長9–36cm。褐色や黒の地味な羽色が多い。

多くの種に、グンタイアリの隊列に付き従い、アリから逃げる小動物を捕食する習性があることからアリドリと呼ばれる。

系統と分類[編集]

カマドドリ下目 Furnariides を構成する4つの系統の1つであり、アリドリ小目 Thamanophilida唯一の科である[1]。カマドドリ下目で最も放散した科で、種数の過半を占め、タイランチョウ亜目ではタイランチョウ科に次ぐ種数である。

アリドリ科は次のように分けられる[1]

系統樹[編集]

Brumfield et al. (2007)[2]; Moyle et al. (2009)[1]による。Moyle et al. を基準とし、彼らが分類群を与えた系統は Brumfield et al. で支持されなくても単系統とした。

双方で最も大きな違いはクロヤブアリドリ Neoctantes の位置で、Moyle et al. では単独で族レベルの系統としているが、Brumfield et al. では、EpinecrophyllaMoyle et al. では未サンプリング)と姉妹群で、シロボシアリサザイ族系統の内部に位置する。

ホオジロアリモズ BiatasClytoctantesハイガオアリモズ XenornisStymphalornisヤブアリドリ Rhopornis は図示されていない。

アリドリ属 Myrmeciza と、おそらくズグロアリドリ属 Percnostolaヒメアリサザイ属 Myrmotherula多系統であり、種ごとに記した。ただし、全ての種は図示されていない。模式種はそれぞれシロハラアリドリ Myrmeciza longipesズグロアリドリ Percnostola rufifronsヒメアリサザイ Myrmotherula brachyura なので、属が分割される際はそれらのある属が元の属名を受け継ぐことになる。

アリドリ科

セアカアリサザイ属 Terenura



マミジロアリドリ亜科

ミスジアリツグミ Myrmornis




タンビアリモズ Pygiptila



ヤブアリモズ Thamnistes




アリモズ亜科
シロボシアリサザイ族

シロボシアリサザイ Microrhopias




タテジマアリドリ Myrmorchilus



ハイバラアリドリ Myrmeciza pelzelni
ノドグロアリドリ Myrmeciza atrothorax






Epinecrophylla



クロヤブアリドリ Neoctantes



ワキジロアリサザイ族



マミジロヒメアリサザイ Myrmotherula longipennis



ヒメアリサザイ Myrmotherula brachyura




シロクロアリドリ Myrmochanes





ワキジロヒメアリサザイ Myrmotherula axillaris



ワキジロアリサザイ属 Formicivora




アリモズ族

ウスグロアリモズ属 Thamnomanes


Dysithamnus group

ハシナガアリドリ Dichrozona



シンジュアリモズ Megastictus



アリモズモドキ属 Dysithamnus



マユアリサザイ属 Herpsilochmus



Thamnophilus group

エボシアリモズ属 Sakesphorus



アリモズ属 Thamnophilus



Batara group


サザナミアリモズ属 Cymbilaimus



オオアリモズ Taraba






セボシアリモズ Hypoedaleus



オニアリモズ Batara





オビロアリモズ属 Mackenziaena



カンムリアリモズ属 Frederickena






アカメアリドリ族
Sclateria group

クリセアリドリ Myrmeciza exsul
タンビアリドリ Myrmeciza berlepschi




クロアゴアリドリ属 Hypocnemoides



ホシアリドリ属 Hylophylax





ギンムネアリドリ Sclateria




ナマリイロアリドリ Myrmeciza hyperythra



Schistocichla





Pyriglena group

Gymnocichla



アカメアリドリ属 Pyriglena




ズグロアリドリ Percnostola rufifrons



カタジロアリドリ Myrmeciza melanoceps
ブラジルアリドリ Myrmeciza goeldii
アオメアリドリ Myrmeciza immaculata
ススイロアリドリ Myrmeciza fortis





マミジロアリドリ属 Myrmoborus



ズアカアリドリ Percnostola lophotes





シロエボシアリドリ族
Drymophila group


クリオアリドリ Myrmeciza hemimelaena



クロアリドリ属 Cercomacra





オナガアリドリ属 Drymophila



ナキアリドリ属 Hypocnemis




Pithys group


シロエボシアリドリ属 Pithys



アオメウロコアリドリ Phaenostictus





Willisornis




ホノオアリドリ属 Phlegopsis




メガネアリドリ属 Gymnopithys



カンムリアリドリ属 Rhegmatorhina
(+マユゲホノオアリドリ Skutchia










属と種[編集]

属と種は国際鳥類学会 (IOC) に[3]、科と属の間の分類は主に Moyle et al. (2009)[1]による。48属222種が属す。

セアカアリサザイ属[編集]

マミジロアリドリ亜科[編集]

アリモズ亜科[編集]

シロボシアリサザイ族[編集]

ワキジロアリサザイ族[編集]

アリモズ族[編集]

アカメアリドリ族[編集]

シロエボシアリドリ族[編集]

複数族・位置不明[編集]

雑種[編集]

種として記載されたが、現在は種としては認められない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Moyle, Robert G.; Chesser, R. Terry; et al. (2009), “Phylogeny and phylogenetic classification of the antbirds, ovenbirds, woodcreepers, and allies (Aves: Passeriformes: infraorder Furnariides)”, Cladistics 25: 1–20, doi:10.1111/j.1096-0031.2009.00259.x 
  2. ^ Brumfield, Robb T.; Tello, Jose G. (2007), Phylogenetic conservatism and antiquity of a tropical specialization: Army-ant-following in the typical antbirds (Thamnophilidae), 45, doi:10.1016/j.ympev.2007.07.019, http://www.bio-nica.info/biblioteca/Brumfield2007AntFollowingBirds.pdf 
  3. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2011), “Antbirds to tapaculos”, IOC World Bird Names, version 2.8, http://www.worldbirdnames.org/n-sugarbirds.html 
  4. ^ Aleixo, A.; Burlamaqui, T. C. T.; et al. (2009), “Molecular systematics and plumage evolution in the monotypic obligate army-ant-following genus Skutchia (Thamnophilidae)”, Condor 111: 382?387 
  5. ^ Graves, G. R., “Diagnosis of a hybrid antbird (Phlegopsis nigromaculata×Phlegopsis erythroptera) and the rarity of hybridization among suboscines”, Proc. Biol. Soc. Wash. 105 (4): 834?340