シースリヨータイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シースリヨタイ王妃 (สมเด็จพระศรีสุริโยทัย) 、通称、スリヨータイスリヨタイという人物は、16世紀の現在のタイ王国に存在したアユタヤ王朝チャクラパット王の妃。王を守る為に戦で命を落としたことで知られる。スリヨタイ王妃の名はバラモン教ヒンドゥー教太陽神あるいは太陽そのものを意味するスーリヤ (สุริยะ) と言う言葉と、「夜明け」、「初め」に由来するウタイ (อุทัย) という言葉を掛け合わせた合成語である。

略史[編集]

1548年ビルマ王国はアユタヤ攻略の為にシャム (タイ) を侵略し、アユタヤの王マハー・チャクラパットは戦象に乗りこれを迎え撃つため出陣した。スリヨタイ王妃は王の身を案じ、女性の軍事参加は禁止されていたにもかかわらず、男装をして自らの象で戦いに加わった。

戦闘時、王の象が倒れ王の命が危険にさらされると、スリヨタイ王妃は自らの象を進ませて王を守り、自らはビルマ兵の草刈り鎌により殺された。

その後、マハー・チャクラパット王は妃の冥福を祈願するため、アユタヤ県郊外の寺院ワット・スアンルアン・ソプサワンにチェディ(仏塔) を建てた。これは「プラ・チェーディーシースリヨタイ」と呼ばれる。同所には記念公園もあり、象に乗ったスリヨタイ王妃の大きな像が建立されている。

2001年シリキット王妃の出資により、スリヨタイ王妃の生涯を描いた映画、『スリヨータイ』(監督:M・C・チャートリーチャルーム・ユコン)が作られた。

逸話の真実性[編集]

スリヨータイには少なからずこの逸話に対する真実性を問う議論やスリヨータイ妃自体の非実在論が存在する。スリヨータイの逸話は前述したように、女性が象にまたがることを禁じられていたにもかかわらず戦に出たという、当時の価値観を鑑みてはあり得ない記述を含んでいるため、スリヨータイの実在性を巡る議論が古くから議論されてきた。また、政治学者のテープモントリー・リムパヤーヨムはスリヨータイが戦に出て死んだという考古学的な証拠の欠如をその著書の中で指摘している[1]

また、国王の命で作成された歴史書、『アユタヤ王朝年代記』にはスリヨータイの名前は登場するものの、スリヨータイの名の出る伝本はいずれも18世紀になって成立したものであり、現存する伝本で一番古く17世紀に成立し、正確性において他の物よりも優れていると言われる『ルワンプラスート版アユタヤ王朝年代記』には、「そして御正室陛下と王女殿下は兵と戦い、象の首と共に死んだ。 และส้มเด็จพระองค์มเหศี และสมเด็จพระเจ้าลูกเธอพระราชบุตรีนั้น ได้รบด้วยข้าเศิกเถิงสิ้นชนม์กับคอช้างนั้น 」と書かれているのみで、この王妃の名前は書かれておらず、また国王を守って死んだとも書かれていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ เทพมนตรี ลิมปพยอม (2544). การเมืองเรื่อง พระสุริโยทัย. กรุงเทพฯ: ประวัติศาสตร์. ISBN 9789748795294. 

外部リンク[編集]