シャティヨン=シュル=セーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Châtillon-sur-Seine
Blason de la ville de Châtillon-sur-Seine (21).svg
Chatillon-sur-Seine Bourgogne.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルゴーニュ地域圏
(département) コート=ドール県
(arrondissement) モンバール郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 21154
郵便番号 21400
市長任期 ユベール・ブリガン
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays Châtillonnais
人口動態
人口 5 613人
(2009年)
人口密度 人/km²
地理
座標 北緯47度52分12秒 東経4度34分22秒 / 北緯47.870071度 東経4.572716度 / 47.870071; 4.572716座標: 北緯47度52分12秒 東経4度34分22秒 / 北緯47.870071度 東経4.572716度 / 47.870071; 4.572716
標高 平均:m
最低:211 m
最高:298 m
面積 33.15km² (3 315ha)
Châtillon-sur-Seineの位置
Châtillon-sur-Seine
公式サイト http://www.mairie-chatillon-sur-seine.fr/
テンプレートを表示

シャティヨン=シュル=セーヌChâtillon-sur-Seine)は、フランスブルゴーニュ地域圏コート=ドール県コミューン

地理[編集]

広大な森の中にあるまちで、セーヌ川の上流部分が流れる。シャティヨネ地方の中心地である。

A6や主要な高速道が通じている。モンバールとは高速国道980号線で30分の距離。

歴史[編集]

サン=ヴォルル教会と旧市街

ケルト以前とケルト時代の遺跡がこの地方で多く見つかっている。まちから6kmのところにあるラソワ山にある石柱やオッピドゥム青銅器時代の重要な定住地であったこと示す。8世紀に人々は現在のまちの場所へ移り住み、丘の上を砦とした。この時できたCastelがシャティヨンの語源である。886年、ラングル司教は聖ヴォルルの聖遺物を匿うためシャティヨンへ移った。しかし、シャティヨンとは異なる要塞がセーヌ川の対岸に存在しており、中世にはシャティヨンは2つの競合するライヴァルの間で二分されていた。1つは要塞の持ち主である宰相ニコラ・ロランに属するブルゴーニュ派、もう一方はラングル司教派であった。1638年、フランス王の権威のもとの条約で2つのまちは統合された。

第一次世界大戦中、シャティヨンにはジョフル将軍の本部が置かれていた。1914年9月5日、ジョフル将軍はこの地から第一次マルヌの戦いの指揮をとった。第二次世界大戦中のシャティヨンは、1944年9月12日、コミューンに入った最初の連隊である自由フランス軍海兵隊第一連隊(ドラグーン作戦)と第1スパッヒ連隊(ネプチューン作戦、fr)によって解放された[1]

シャティヨンには1958年から地方裁判所が置かれていた。法相ラシダ・ダティが着手した改革の一環として、地裁は2010年1月1日をもって廃止された。

史跡[編集]

  • サン=ヴォルル教会 - 10世紀後期のロマネスク様式。
  • ノートルダム修道院 - 12世紀。現在は博物館となっている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
5518 6264 7383 7561 6862 6269 5837

参照元:1968年以降INSEE[2] · [3] · [4]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Atlas-Libération-France, p. 35
  2. ^ Résultats du recensement de la population - Châtillon-sur-Seine sur le site de l'Insee. Consulté le 1er janvier 2012.
  3. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2006 sur le site de l'Insee. Consulté le 1er janvier 2012.
  4. ^ Populations légales 2009 en vigueur le 1er janvier 2012 sur le site de l'Insee. Consulté le 1er janvier 2012.