シバ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シバ王国、あるいはサバ王国(-おうこく、英語:Sheba、ヘブライ語:שבאヘブライ語の英語転写:sh'va, Saba、アラビア語سبأアムハラ語ሳባ)は、アラビア半島南部に存在していた国家である。日本においては、旧約聖書の『列王記』で言及されるシェバ(シバ)、中世アラビア語文献で言及される南アラビアの国家サバァ(サバ)、 南アラビアの一次史料(碑文)に確認される国家のシャバァは、同一のものと見なされることが多い[1]。1世紀の歴史家フラウィウス・ヨセフスは著書『ユダヤ古代誌』においてエジプト南部の中心都市を指す「サバ(メロエ)」と旧約聖書のシェバを同一視し、5世紀の歴史家フィロストルギオスは『教会史』でサバ王国を旧約聖書に現れるシェバの国と解説した[2]

旧約聖書におけるソロモン王シバの女王の話で知られている。

脚注[編集]

  1. ^ 蔀『シェバの女王』、14頁
  2. ^ 蔀『シェバの女王』、22-23頁

参考文献[編集]

  • 蔀勇造『シェバの女王』(Historia, 山川出版社, 2006年5月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]