シドニー・チャップマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニー・チャップマン
人物情報
生誕 1888年1月29日
イギリスの旗 イギリス マンチェスター
死没 1970年6月16日(満82歳没)
出身校 サルフォード大学、マンチェスター大学、ケンブリッジ大学
学問
研究分野 地球物理学天文学
研究機関 グリニッジ天文台マンチェスター大学オックスフォード大学
主な受賞歴 ウィリアム・ボウイ・メダル(1962年)
コプリ・メダル(1964年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

シドニー・チャップマン(Sydney Chapman、1888年1月29日1970年6月16日)はイギリス地球物理学者、天文学者である。磁気圏形成の理論や、大気化学における成層圏でのオゾン層形成機構、気体分子運動論の基礎となるチャップマン=エンスコッグ理論などに貢献した。

マンチェスターに生まれ、サルフォード大学マンチェスター大学ケンブリッジ大学で学んだ。1910年からグリニッジ天文台の助手に採用され、地磁気のに対する太陽と月の影響を研究し、1913年にスミス賞を受賞した。1919年にマンチェスター大学の教授となり1924年にロンドンのインペリアル・カレッジの数学の教授となった。1946年から1953年までオックスフォード大学の教授を務めた。

彼の功績を称えて、小惑星(2409)チャップマンが彼の名を取り命名されている。

受賞歴[編集]

チャップマン・メダル[編集]

王立天文学会が地球物理学と惑星学の業績に対して授与するチャップマン・メダル (Chapman Medal) 。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]