ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディ
人物情報
生誕 1877年2月7日
イングランド、サリーen:Cranleigh
死没 1947年12月1日(70歳)
イングランド、ケンブリッジシャーケンブリッジ
国籍 大英帝国
出身校 ケンブリッジ大学
学問
研究分野 数学
研究機関 トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)
博士課程
指導教員
A. E. H. Love
en:E. T. Whittaker
博士課程
指導学生
en:Mary Cartwright
Sydney Chapman
en:I. J. Good
en:Edward Linfoot
en:Frank Morley
en:Cyril Offord
en:Harry Pitt
en:Richard Rado
シュリニヴァーサ・ラマヌジャン
Robert Rankin
Donald Spencer
Edward Titchmarsh
en:Tirukkannapuram Vijayaraghavan
en:E. M. Wright
主な業績 ハーディー・ワインベルクの法則
分割数の公式
ラマヌジャンへの支援
影響を
受けた人物
カミーユ・ジョルダン
影響を
与えた人物
シュリニヴァーサ・ラマヌジャン
テンプレートを表示

ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディGodfrey Harold Hardy , 1877年2月7日 - 1947年12月1日)はイギリス数学者

略歴[編集]

1877年、英国クランレー生まれ。ケンブリッジ大学卒業後、長い間オックスフォード大学の講師を務め、その後ケンブリッジの教授となる。リトルウッドとの30年以上の共同研究は、その内容の大きさはもちろん、そのユニークなスタイルによって今日でも語り種となっている。青年期には非常な自信家で「自分たちより優れた数学者はいないだろう」と豪語したが、リーマン予想の証明では挫折している。自ら生涯最大の業績はシュリニヴァーサ・ラマヌジャンを発見したことと述べたように、インドの数学者ラマヌジャンを援助したことでも有名。[要出典]晩年まで少年のような容姿をしていた。[独自研究?]

業績[編集]

初期の頃から解析学全般にわたり広い業績があるが、なかでも解析的整数論に与えた影響は大きい。内容はゼータ関数の零点分布や近似関数等式、加法的整数論での円周法、ディオファントス近似などに著しい業績がある(ハーディ・リトルウッド予想などほとんどリトルウッドとの共著)。

イギリスにおける純粋数学はニュートン以来大陸側に大きく遅れをとっていたが、ハーディやリトルウッドの出現によって挽回、またある部分においては一流のレベルにまで引き上げられた。実際英語で近代的な解析学の教科書を初めて書いたのはハーディ自身であった。著書『ある数学者の生涯と弁明』は非常に有名で、その中の数学に対する彼の価値観はよく引用されるところとなっている。

生物学への貢献としては、集団遺伝学におけるハーディー・ワインベルクの法則(1907年)をドイツウィルヘルム・ワインベルクとは独立に発見した。

逸話[編集]

数学者に点数をつけるとすれば、「自分は25点、リトルウッドは30点、ヒルベルトは80点、ラマヌジャンは100点」であるという[1][2]。また様々なことをクリケットに例える癖があったハーディは、アルキメデスニュートンガウスらを「ブラッドマン級」と呼び、ラマヌジャンはそれと並ぶ天賦の才と称している。

主な著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kanigel, Robert (1991). The Man Who Knew Infinity (Paperback ed.). New York: Charles Scribner's Sons. p. 226. ISBN 0-671-75061-5. 
  2. ^ ロバート・カニーゲル 『無限の天才――夭逝の数学者・ラマヌジャン』 田中靖夫訳、工作舎1994年、221頁。ISBN 4-87502-239-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]