シスプラチナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シスプラチナ州
Província Cisplatina
連邦同盟 1821年 - 1828年 ウルグアイ
シスプラチナ州の国旗 シスプラチナ州の国章
(国旗) (国章)
シスプラチナ州の位置
赤がブラジル、赤と緑の斜線部がシスプラチナ州の位置 。
公用語 ポルトガル語スペイン語
首都 モンテビデオ
大統領
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
ポルトガルがこの地に侵攻 1816年
ポルトガル・ブラジル連合王国に併合 1821年
モンテビデオ条約が締結、ウルグアイとして独立 1828年8月27日

シスプラチナ州(Província Cisplatina)とは、ブラジル帝国に帰属していた州で、ポルトガル語ラ・プラタ川手前の州を意味する。つまりはバンダ・オリエンタルのことである。

1816年ポルトガルドン・ジョアンVI世は領土拡大を試みて、植民地時代からのスペインとの係争地だった東方州に侵攻した。当時東方州ではアルゼンチンのリトラル三州にまで及んだ連邦同盟を率いるホセ・アルティーガス英語版ブエノスアイレスの軍勢が一進一退の攻防を繰り広げていたが、このことはポルトガルの侵攻を有利にした。1820年、ゲリラ的に抵抗していたアルティーガス軍は最終的敗北を喫し、アルティーガスはパラグアイ亡命、失脚することになる。こうして1821年、東方州はシスプラチナ州と改名され、ポルトガルの、そしてブラジル独立後はブラジル帝国の領土の一部なった。

ブエノスアイレスは反アルティガスの立場から東方州が侵略されるのを見過ごしていたが、この売国的ともいえる態度は特にリトラル諸州の猛反発を招き、ラ・プラタ連合州英語版は内戦に陥った。

1825年、アルティガスの副官だったフアン・アントニオ・ラバジェハ英語版将軍が33人の東方人と共にシスプラチナ州に潜入し、独立戦争を開始した。ラ・プラタ連合はこれを支援し、怒ったブラジルの宣戦布告によりアルゼンチン・ブラジル戦争に発展するに至った。ラバジェハ率いる東方人は、東方州とアルゼンチンとの合併を求めており、戦争はアルゼンチン有利に進んだが、1828年ラ・プラタ川の両岸をアルゼンチンが保有することを恐れたイギリスの仲介により、モンテビデオ条約が結ばれ、シスプラチナ州はウルグアイ東方共和国としての独立が認められた。この敗戦はブラジル皇帝ドン・ペドロI世の失脚の原因ともなった。

関連項目[編集]