シェップ・ペティボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェップ・ペティボーンShep Pettibone本名Robert E. Pettibone, Jr. 1959年7月15日 -)は、リミキサー/プロデューサー/クラブDJ。 ダンス・ミュージック界で、リミキサープロデューサーとしてのキャリアを持つ大ベテラン。特に1980年代のクラブ・ミュージック・シーンにおいて、彼の活動・影響力は多大なものがある。それまで主流だったポップ・ミュージックに、当時アンダーグラウンドとされていたハウス・ミュージックを複合させた。
ヒップホップからハウスに至るサウンドの変化を敏感に察知して、自らのスタイルに巧みに取り込むのが得意。

マドンナとの仕事[編集]

リミキサーとして「トゥルー・ブルー」の12インチ・シングルのリミックスを担当したのが、マドンナとの仕事第一弾。 以後、リミキサーとして「ライク・ア・プレイヤー」「エクスプレス・ユアセルフ」「キープ・イット・トゥゲザー」などの12インチリミックスを担当する。「ユー・キャン・ダンス」にも参加している。

プロデューサーとしてマドンナとの初めての仕事は「ヴォーグ」で、この曲がメガトン級の成功を収めたため、彼女の絶大な信頼を得ることになった。 同曲を収めた「アイム・ブレスレス」を経て、「ウルトラ・マドンナ~グレイテスト・ヒッツ」の「ヴォーグ」と「レスキュー・ミー」の2曲で参加。映画「プリティ・リーグ」のテーマ曲である「マイ・プレイグラウンド」のプロデュースも行い、アルバム「エロティカ」ではメイン・プロデューサーに起用された。

その他のアーティスト[編集]

キャシー・デニスペットショップボーイズテイラー・デインなど。 また、日本人では小室哲哉の楽曲「RUNNING TO HORIZON」「GRAVITY OF LOVE」を手がけている。