ユー・キャン・ダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユー・キャン・ダンス
You Can Dance
マドンナリミックスアルバム
リリース 1987年11月13日(米国)
録音 1987年
ジャンル ダンス
時間 68分31秒
レーベル サイアー・レコード/Warner Bros. Records/WEA インターナショナル (米国)
ワーナー・パイオニア (日本)
プロデュース ジェリー・ビーン、ブルース・フォレスト、フランク・ヘラー、レジー・ルーカス、スティーヴ・トンプソン、マイケル・バービエロ、シェップ・ペティボーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールド等認定
マドンナ 年表
フーズ・ザット・ガール
(1987年)
ユー・キャン・ダンス
(1987年)
ライク・ア・プレイヤー
(1989年)
テンプレートを表示

ユー・キャン・ダンス (You Can Dance) は、マドンナ1987年に発表された第1枚目のリミックス・アルバムで通算5枚目のレコーディングである。

収録曲[編集]

# 曲名 Title
1. スポットライト  "Spotlight" (Bray, Madonna) 6:23
2. ホリデイ  "Holiday" (Hudson, Stevens) 6:32
3. エヴリバディ  "Everybody" (Madonna) 6:43
4. フィジカル・アトラクション  "Physical Attraction" (Lucas) 6:20
5. オーヴァー・アンド・オーヴァー  "Over and Over" (Bray, Madonna) 3:38
6. イントゥ・ザ・グルーヴ "Into thr Groove" (Bray, Madonna) 8:26
7. パーティーは何処に  "Where's the Party" (Leonard, Madonna) 7:16
8. ホリデイ (ダブ・ヴァージョン)* "Holiday (Dub Version) (Hudson, Stevens) 6:56
9. イントゥ・ザ・グルーヴ (ダブ・ヴァージョン)* "Into the Groove" (Dub Version) (Bray, Madonna) 6:23
10. パーティーは何処に (ダブ・ヴァージョン)** "Where's the Party" (Leonard, Madonna) 6:20
11. スポットライト (ダブ・ヴァージョン)*** "Spotlight" (Bray, Madonna) 6:32
12. オーヴァー・アンド・オーヴァー (ダブ・ヴァージョン)***  "Over and Over" (Bray, Madonna) 3:38

* カセットとCDのみのボーナス・トラック
** CDのみのボーナス・トラック
*** カセットのみのボーナス・トラック

シングル[編集]

# 曲名 リリース
1. スポットライト  1988年4月

アルバム・クレジット[編集]

参加ミュージシャン[編集]

  • Madonna - vocals
  • David Cole - keyboard

プロダクション[編集]

  • Producers: Madonna, Michael Barbiero, John "Jellybean" Benitez, Stephen Bray, Bruce Forest, Frank Heller, Mark Kamins, Patrick Leonard, Reggie Lucas, Michael Ostin, Shep Pettibone, Nile Rodgers, Steve Thompson
  • Executive producers: Craig Kostich, Michael Ostin, Seymour Stein
  • Engineer: Glenn Rosenstein
  • Mixing: Michael Barbiero, Steve Thompson
  • Remixing: John "Jellybean" Benitez, Bruce Forest, Frank Heller, Michael Hutchinson, Jay Mark, Steve Peck, Shep Pettibone, Andy Wallace
  • Editing: Shep Pettibone
  • Sequencing: John "Jellybean" Benitez
  • Art direction: Jeri Heiden
  • Design: Jeri Heiden
  • Photography: Herb Ritts
  • Liner notes: Brian Chin