ザ・レディオ・デプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・レディオ・デプト
基本情報
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
ルンド
ジャンル シューゲイザー
ドリーム・ポップ
インディー・ロック
活動期間 1995年 - 現在
レーベル シェルフライフ・レコーズ
ラブラドール・レコーズ
公式サイト @Labrador.se
メンバー
Johan Duncanson
Martin Larsson
Daniel Tjader

ザ・レディオ・デプト(The Radio Dept.)はスウェーデンルンドのインディーズバンド。1995年にクラスメイトであったElin AlmeredとJohan Duncansonがバンドを始めるが、すぐに活動を中断。しかし3年後の1998年に、新しいメンバーを交えて活動を再開する。幾度のメンバー入れ替えを経て、現在に至る。

2001年にラブラドール・レコーズと契約を交わし、アルバムを発売するなど音楽活動が本格的になるものの、認知度はヨーロッパはおろか、本国スウェーデンでも高くはなかった。しかしインターネットなどを介し、徐々にファン層は拡大。そして2006年公開のソフィア・コッポラの監督による映画『マリー・アントワネット』のサウンドトラックに使用されることにより、世界中からさらに多くのリスナーを得ることになる。

エコーのかかった声、ノイズ、電子音楽シンセサイザーを取り入れた音が特徴。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインジーザス&メリーチェインを代表とするシューゲイザー音楽に分類される傾向がある。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Lesser Matters (2003年)
  • Pet Grief (2006年)
  • Clinging to a Scheme (2010年)

シングル[編集]

  • Against the Tide 7 (2002年)
  • Annie Laurie EP (2002年)
  • Liebling 7 (2002年)
  • Where Damage Isn't Already Done (2002年)
  • Pulling Our Weight (2003年)
  • Why Don't You Talk About It? (2004年)
  • This Past Week (2005年)
  • The Worst Taste in Music (2006年)
  • We Made the Team, MP3/Single (2006年)
  • Freddie and the Trojan Horse (2008年)
  • David (2009年)
  • Heaven's on Fire (2010年)

外部リンク[編集]