サン=パビュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saint-Pabu
Blason ville fr Saint-Pabu (Finistère).svg
Saint-Pabu. Finistère. L'Aber Benoît.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) ブレスト郡
小郡 (canton) プルダルメゾー小郡
INSEEコード 29257
郵便番号 29830
市長任期 ロイク・ゲガントン
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Plabennec et des Abers
人口動態
人口 1999人
2010年
人口密度 201人/km²
地理
座標 北緯48度33分52秒 西経4度35分47秒 / 北緯48.5644444444度 西経4.59638888889度 / 48.5644444444; -4.59638888889座標: 北緯48度33分52秒 西経4度35分47秒 / 北緯48.5644444444度 西経4.59638888889度 / 48.5644444444; -4.59638888889
標高 平均:m
最低:0 m
最高:57m
面積 9.94km²
Saint-Pabuの位置(フランス内)
Saint-Pabu
Saint-Pabu
公式サイト Site de la commune
テンプレートを表示

サン=パビュ (Saint-Pabu、ブルトン語:Sant-Pabu)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン。サン=パビュとは、11世紀から13世紀にかけてのトレギエの名でもあった。

由来[編集]

パビュとは、古いブルトン語のpapu、すなわちかつて修道院の長を指す名称であったpapaからきている。PabuとはPapaの属格であり、故にローマ教皇を意味するpapeと混乱をきたす。このPabuとは、ブルターニュ七聖人の1人で、トレギエ司教であった聖テュグデュアル(fr)を指して、誤って伝えられてきた名称である。

旧トレギエ司教区の創設者、聖テュグデュアルは、4世紀にグレートブリテン島コーンウォールデヴォンで生まれた。王族の血を引くテュグデュアルは、非常に若い頃から信仰に献身した。彼の模範となるような聖なる生き方が、彼の兄弟(聖職者たち)によって修道院長に選ばれる要因となった。

言い伝えによると、彼の夢の中に出てきた天使のお告げによって、自身の最も熱心な弟子たち72人を伴ってブルターニュへ渡った。弟子の中には、テュグデュアルの母である聖ポンペイア、妹の聖セナ、敬虔な未亡人のメランがいた。小集団は、ブラン・サブロン湾内にあるレオンの浜に到着した。聖テュグデュアルは、到着した湾から半時間のところに最初の庵を築いた。この庵はLann Pabuと呼ばれ、現在のトレパビュである。また、別の伝説によると、テュグデュアルの弟子聖モデズは礼拝堂を建て、聖なる創立者の人望篤い名、パビュの名を与えた。

地理[編集]

サン=パビュはブレストの北約27kmにある。イロワーズ海に沿ったこの地域は、アベール・ブノワ川左岸にあたる。

アベール・ブノワ川と対峙するギャロ島はランデダに属する。ギャロ島へは干潮時に徒歩で往来可能である。garoとはブルトン語でシカを意味するgawrからきており、キリスト教伝来前から存在する名である。島や近くの場所に、ケルト神話の神ケルヌンノスを祀る場所があったからである。島には19世紀後半まで、そして第二次世界大戦後まで断続的に人が住んでいた。島では20世紀半ばまで畑が耕され、ウマが飼育されていた。島ではおよそ2000年前の墓が発見されている。

歴史[編集]

16世紀、サン=パビュはブレストおよびサン=ルナンのセネシャルが治める代官区に属した[1]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
1341 1283 1278 1380 1392 1479 1731 1999

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

ブルトン語[編集]

2006年1月14日、Ya d'ar brezhoneg憲章の批准がコミューン議会で可決された。

ゆかりの人物[編集]

  • ガブリエル・エリエス(1910年-1918年)[5] - ポルサル(現在のプルダルメゾー)生まれで、1940年から1945年まで戦争捕虜となっていた。戦後、サン=パビュの教区司祭となり、サン=パビュにあるカトリックの私立学校、サン・マルタン学校の監督官となった[6]。Mab an Digのペンネームを持つブルトン語文学者でもあった[7]。彼はゴルセッド・ド・ブルターニュ(fr:Gorsedd de Bretagne、ブルターニュのゴルセッズ。吟遊詩人たちのコミュニティ)のメンバーでもあった。

脚注[編集]