サン・ペドロ・デ・ラ・ナーベ聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南西からみた外観。

サン・ペドロ・デ・ラ・ナーベ聖堂は、スペイン中北部サモラ県エル・カンピージョes)の町外れに建つ西ゴート様式のキリスト教聖堂である。1912年4月22日にスペインの史跡に指定された。創建時期は680年から711年(西ゴート滅亡の年)の間とされており、現存する西ゴート様式の建築物の中でも最後期に位置するといえる。

当初この教会はエスラ川es:Esla )の岸に建っていた。しかしダムの建設計画が持ち上がり、水没を避けるために建築家のマヌエル・ゴメス=モレーノes)により現在の場所に移設されることになった。この事業は1930-32年に渡って行われた。

南東からみた外観。右の構造物が後陣である。

建築[編集]

外観は石垣のようであり、アーチ以外に曲線は見当たらない。後陣も方形である。内部に入ると天井は筒型ヴォールトに覆われており、アーチ馬蹄形アーチを採用している。

柱頭彫刻 イサクの犠牲 。冠板は唐草文様と動物。

内部装飾は西ゴート様式の好例であり、オリエンタルな動植物文様と聖書の場面をモチーフとした柱頭彫刻で装飾されている。「獅子の穴のダニエル」、「イサクの犠牲」などの柱頭彫刻がある。

関連項目[編集]

  • ロマネスク (当聖堂はプレ・ロマネスクに該当する。)

出典・外部リンク[編集]

座標: 北緯41度35分00秒 西経5度57分51秒 / 北緯41.5833度 西経5.96425度 / 41.5833; -5.96425