サモラ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サモーラ県
サモーラ県の旗 サモーラ県の紋章
サモーラ県の位置
Flag of Castile and León.svg カスティーリャ・イ・レオン州
県都 Escudo de Zamora.svg サモーラ
公用語 カスティーリャ語
その他の言語 レオン語ガリシア語
議会
 • 上院
 • 下院
 • 州議会

4議席
3議席
7議席
県議会
 • 議席数
 • 議長

 • 党派別議席数

25議席
フェルナンド・マルティネス・マイージョ(PP[1]
PP(15)、PSOE(8)、ADEIZA-UPZ(1)、IU(1)
面積
 • 総計
 • スペイン国内の%
 • 順位

10,561.26km² [2]
2.09%
22位
人口
 • 総計
 •スペイン国内の %
 • 人口密度
 • 順位

194,214人(2010年)[2]
0.43%
18.39人/km² [2]
45位
自治体数 248
住民の呼称 zamorano/-a
郵便番号 49
ISO 3166-2 ES-ZA
県議会公式ページ
スペインの県 スペインの旗

サモーラ県Provincia de Zamora)はスペインカスティーリャ・イ・レオン州の県。同州のレオン県バリャドリッド県サラマンカ県ガリシア州オウレンセ県、またポルトガルにも接している。県都はサモーラ

カスティーリャ語(スペイン語)のほかに、レオン語ガリシア語が使われている。

地理[編集]

人口[編集]

サモーラ県の人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4] 

行政区画[編集]

県都サモーラに県人口の3分の1が居住している。

主な自治体[編集]

順位 自治体 人口(2011年)[4]
1 サモーラ 65,525
2 ベナベンテ 19,187
3 トーロ 9,649
4 モラーレス・デル・ビーノ 2,785
5 フエンテサウーコ 1,909
6 ビジャラルボ 1,884
7 モラレッハ・デル・ビーノ 1,631
8 ビジャルパンド 1,630
9 プエブラ・デ・サナブリア 1,573
10 サン・クリストーバル・デ・エントレビーニャス 1,556

司法管轄区[編集]

県内は5司法管轄区に分けられる[5]。太字は中心自治体。

  1. トーロ司法管轄区[6] - アベサーメス、ラ・ボベダ・デ・トーロ、カニサル、カストリージョ・デ・ラ・グアレーニャ、クエルガムーレス、フエンテラペーニャ、フエンテサウーコ、フエンテセカス、フエンテスプレアーダス、グアラーテ、モラーレス・デ・トーロ、エル・ペゴ、ペレアゴンサーロ、ピニージャ・デ・トーロ、ポソアンティグオ、トーロ、バディージョ・デ・ラ・グアレーニャ、バルデフィンハス、バジェーサ・デ・ラ・グアレーニャ、ベスデマルバン、ビジャブエナ・デル・プエンテ、ビジャエスクーサ、ビジャロンソ、ビジャモール・デ・ロス・エスクデーロス、ビジャルドンディエゴ、ビジャベンディミオ
  2. サモーラ司法管轄区[7] - アルカニセス、アルファラス・デ・サジャーゴ、アルゴドレ、アルマラス・デ・ドゥエーロ、アルメイダ・デ・サジャーゴ、アンダビーアス、アルセニージャス、アルガニン、アルグヒージョ、アルキジーノス、アスパリエーゴス、ベネヒレス、ベルミージョ・デ・サジャーゴ、ブスティージョ・デル・オーロ、カバーニャス・デ・サジャーゴ、カルバハーレス・デ・アルバ、カルベジーノ、カサセカ・デ・カンペアン、カサセカ・デ・ラス・チャナス、カスーラ、セレシーノス・デル・カリサル、コレーセス、コラーレス・デル・ビーノ、クビージョス、エル・クーボ・デ・ラ・ティエラ・デル・ビーノ、エントラーラ、ファラモンターノス・デ・タバラ、ファリーサ、フェルモセージェ、フェレーラス・デ・アバッホ、フェレーラス・デ・アリーバ、フェレルエーラ、フィゲルエーラ・デ・アリーバ、フォンフリーア、フレスノ・デ・ラ・リベーラ、フレスノ・デ・サジャーゴ、ガジェーゴス・デル・パン、ガジェーゴス・デル・リオ、ガモーネス、ヘマ、ラ・イニエスタ、ハンブリーナ、ロサシーノ、ロサシオ、ルエルモ、エル・マデラル、マドリダーノス、マイーデ、マルバ、マンサナル・デル・バルコ、マティージャ・ラ・セカ、マジャルデ、モラシージョス、モンファラシーノス、モンタマルタ、モラル・デ・サジャーゴ、モラレッハ・デ・サジャーゴ、モラレッハ・デル・ビーノ、モラーレス・デル・ビーノ、モラリーナ、モレルエーラ・デ・ロス・インファンソーネス、モレルエーラ・デ・タバラ、ムエーラス・デル・パン、ムガ・デ・サジャーゴ、オルミージョス・デ・カストロ、パハーレス・デ・ラ・ランプレアーナ、パラシオス・デル・パン、ペレーアス・デ・アバッホ、ペニャウセンデ、エル・ペルディゴン、ペレルエーラ、ペリージャ・デ・カストロ、ピエドライータ・デ・カストロ、エル・ピニェーロ、ピノ・デル・オーロ、ポスエーロ・デ・タバラ、ラバナーレス、ラバノ・デ・アリステ、リオフリーオ・デ・アリステ、ロアーレス、ロエーロス・デ・サジャーゴ、サルセ、サミール・デ・ロス・カーニョス、サン・セブリアン・デ・カストロ、サン・ミゲル・デ・ラ・リベーラ、サン・ペドロ・デ・ラ・ナベ=アルメンドラ、サン・ビセンテ・デ・ラ・カベサ、サン・ビテーロ、サンタ・クラーラ・デ・アベディージョ、サンタ・エウフェミア・デル・バルコ、サンソーレス、タバラ、トレガモーネス、トーレス・デル・カリサル、トラバソス、バルカバード、ベガラトラーベ、ベニアルボ、ビデマーラ、ビジャデペーラ、ビジャラサン、ビジャルカンポ、ビジャルーベ、ビジャヌエバ・デ・カンペアン、ビジャール・デル・ブエイ、ビジャラルボ、ビジャルディエグア・デ・ラ・リベーラ、ビジャセコ・デル・パン、ビーニャス、サモーラ
  3. ベナベンテ司法管轄区[8] - アルクビージャ・デ・ノガーレス、アルコス・デ・ラ・ポルボローサ、アラバルデ、アジョオー・デ・ビドリアーレス、バルシアル・デル・バルコ、ベナベンテ、ブレトー、ブレトシーノ、ブリーメ・デ・ソグ、ブリーメ・デ・ウルス、ブルガーネス・デ・バルベルデ、カルサディージャ・デ・テラ、カマルサーナ・デ・テラ、カストロゴンサーロ、コーモンテ、クーボ・デ・ベナベンテ、フレスノ・デ・ラ・ポルボローサ、フリエーラ・デ・バルベルデ、フエンテ・エンカラーダ、フエンテス・デ・ロペル、グラヌシージョ、マイレ・デ・カストロポンセ、マンガネーセス・デ・ラ・ポルボローサ、マティージャ・デ・アルソン、メルガール・デ・テラ、ミセレセス・デ・ラ・テラ、ミージェス・デ・ラ・ポルボローサ、モラーレス・デ・レイ、モラーレス・デ・バルベルデ、ナビアーノス・デ・バルベルデ、オテーロ・デ・ボーダス、ポブラドゥーラ・デル・バジェ、プエブリカ・デ・バルベルデ、キンタニージャ・デ・ウルス、キルエーラス・デ・ビドリアーレス、サン・クリストーバル・デ・エントレビーニャス、サン・ペドロ・デ・セケ、サンタ・コロンバ・デ・ラス・モンハス、サンタ・クリスティーナ・デ・ラ・ポルボローサ、サンタ・クロージャ・デ・テラ、サンタ・マリーア・デ・ラ・ベガ、サンタ・マリーア・デ・バルベルデ、サンティバーニェス・デ・テラ、サンティバーニェス・デ・ビドリアーレス、サントベニア、ラ・トーレ・デル・バジェ、ウーニャ・デ・キンターナ、ベガ・デ・テラ、ビジャブラサロ、ビジャフェルエーニャ、ビジャヘリス、ビジャナサル、ビジャヌエバ・デ・アソアーゲ、ビジャヌエバ・デ・ラス・ペラス、ビジャベーサ・デ・バルベルデ、ビジャベーサ・デル・アグア
  4. プエブラ・デ・サナブリア司法管轄区[9] - アストゥリアーノス、セルナディージャ、コブレーロス、エスパダニェード、ガレンデ、エルミセンデ、フステル、ルビアン、マンサナル・デ・アリーバ、マンサナル・デ・ロス・インファンテス、モレスエーラス・デ・ラ・カルバジェーダ、モンブエイ、ムエーラス・デ・ロス・カバジェーロス、パラシオス・デ・サナブリア、ペドラルバ・デ・ラ・プラデリーア、ペケ、ピーアス、ポルト、プエブラ・デ・サナブリア、レケホ、リオネグロ・デル・プエンテ、ロブレーダ=セルバンテス、ロシーノス・デ・ラ・レケハーダ、サン・フスト、トレファシオ、ビジャルデシエルボス
  5. ビジャルパンド司法管轄区[10] - ベルベール・デ・ロス・モンテス、カニーソ、カストロヌエボ、カストロベルデ・デ・カンポス、セレシーノス・デ・カンポス、コターネス・デル・モンテ、グランハ・デ・モレルエーラ、マンガネーセス・デ・ラ・ランプレアーナ、ポブラドゥーラ・デ・バルデラドゥエイ、プラード、キンタニージャ・デル・モンテ、キンタニージャ・デル・オルモ、レベジーノス、サン・アグスティン・デル・ポソ、サン・エステバン・デル・モラール、サン・マルティン・デ・バルデラドゥエイ、サン・ミゲル・デル・バジェ、タピオーレス、バルデスコリエル、ベガ・デ・ビジャロボス、ビダジャーネス、ビジャファフィラ、ビジャルバ・デ・ラ・ランプレアーナ、ビジャロボス、ビジャルパンド、ビジャマジョール・デ・カンポス、ビジャヌエバ・デル・カンポ、ビジャール・デ・ファジャーベス、ビジャルディガ、ビジャリン・デ・カンポス

政治[編集]

サモーラ県には上院4議席、下院3議席、そして自治州議会に7議席が割り当てられている[11]。その内訳は、上院では、国民党(PP)が3議席、スペイン社会労働党(PSOE)が1議席、下院では、国民党が2議席、スペイン社会労働党が1議席となっている(2011年11月総選挙の結果[12])。自治州議会では、国民党が5議席、スペイン社会労働党が2議席となっている。

県議会については定数25議席のうち国民党が15議席、スペイン社会労働党が8議席、統一左翼とサモーラのための独立有権者グループ=サモーラ住民連合(Agrupación de Electores Independientes por Zamora-Unión del Pueblo Zamorano、ADEIZA-UPZ)がそれぞれ1議席となっている[1]

言語[編集]

サモーラ県での主要な言語はカスティーリャ語であり、すべての県民は理解し話すことができるが、県北西部から東、あるいは南方向にかけての一部の地域、サナブリア[13]ベナベンテ[14]アリステ[15]サジャーゴ[16]などの地域ではレオン語が保持されている。また、トゥエーラ川、ビベイ川の渓谷地域のポルトエルミセンデピーアスルビアンなどの自治体ではガリシア語が話されている[17][18]

脚注[編集]

  1. ^ a b Diputación de Zamora” (スペイン語). 2012年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c Población, superficie y densidad por CCAA y provincias y población, superficie y densidad.” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2011年11月27日閲覧。
  3. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  4. ^ a b Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.
  5. ^ Partidos judiciales de la provincia de Zamora” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年11月27日閲覧。
  6. ^ Toro, partido judicial nº1 de Zamora” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年8月10日閲覧。
  7. ^ Zamora, partido judicial nº2 de Zamora” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年8月10日閲覧。
  8. ^ Benavente, partido judicial nº3 de Zamora” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年8月10日閲覧。
  9. ^ Puebla de Sanabria, partido judicial nº4 de Zamora” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年8月10日閲覧。
  10. ^ Villalpando, partido judicial nº5 de Zamora” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年8月10日閲覧。
  11. ^ Cortes de Castilla y León” (スペイン語). 2012年5月9日閲覧。
  12. ^ Consulta de Resultados Elecorales” (スペイン語). Gobierno de España. Ministerio del Interior. Subsecretaría. Dirección General de Política Interior. 2012年5月9日閲覧。
  13. ^ Frías Conde, F.X. «El sanabrés». Anuario del Instituto de Estudios Zamoranos «Florián Ocampo». Diputación de Zamora, 1999
  14. ^ Ynduráin, Francisco. Notas sobre el habla de Benavente (Zamora).
  15. ^ Curto López, Mª Rosa. Nuevas aportaciones dialectales al habla de la Tierra de Aliste. Universidad de Valladolid, 1973.
  16. ^ Stern, Charlotte. "Sayago and Sayagués in Spanish History and Literature". Hispanic Review, XXIX, University of Pennsylvania, 1961.
  17. ^ El gallego exterior a las fronteras administrativas — E-PrintsUCM
  18. ^ Aproximación ao galego exterior