サモラ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サモーラ県
サモーラ県の旗 サモーラ県の紋章
[[ファイル:{{{地図}}}|280px|center|サモーラ県の位置]]
Flag of Castile and León.svg カスティーリャ・イ・レオン州
県都 Escudo de Zamora.svg サモーラ
公用語 カスティーリャ語
その他の言語 レオン語ガリシア語
議会
 • 上院
 • 下院
 • 州議会

4議席
3議席
7議席
県議会
 • 議席数
 • 議長

 • 党派別議席数

25議席
フェルナンド・マルティネス・マイージョ(PP引用エラー: <ref> タグに対応する </ref> タグが不足しています - ニャ、ベスデマルバン、ビジャブエナ・デル・プエンテ、ビジャエスクーサ、ビジャロンソ、ビジャモール・デ・ロidprovincia=49&numpartido=2
PP(15)、PSOE(8)、ADEIZA-UPZ(1)、IU(1)
面積
 • 総計
 • スペイン国内の%
 • 順位

{{{面積}}}
{{{面積%}}}%
{{{面積順位}}}位
人口
 • 総計
 •スペイン国内の %
 • 人口密度
 • 順位

{{{人口数}}}
{{{人口%}}}%
{{{人口密度}}}
{{{人口順位}}}位
自治体数 {{{自治体数}}}
住民の呼称 {{{住民の呼称}}}
郵便番号 {{{郵便番号}}}
ISO 3166-2 {{{iso3166-2}}}
[{{{県の公式ページURL}}} 県議会公式ページ]
スペインの県 スペインの旗

</ref> - アルクビージャ・デ・ノガーレス、アルコス・デ・ラ・ポルボローサ、アラバルデ、アジョオー・デ・ビドリアーレス、バルシアル・デル・バルコ、ベナベンテ、ブレトー、ブレトシーノ、ブリーメ・デ・ソグ、ブリーメ・デ・ウルス、ブルガーネス・デ・バルベルデ、カルサディージャ・デ・テラ、カマルサーナ・デ・テラ、カストロゴンサーロ、コーモンテ、クーボ・デ・ベナベンテ、フレスノ・デ・ラ・ポルボローサ、フリエーラ・デ・バルベルデ、フエンテ・エンカラーダ、フエンテス・デ・ロペル、グラヌシージョ、マイレ・デ・カストロポンセ、マンガネーセス・デ・ラ・ポルボローサ、マティージャ・デ・アルソン、メルガール・デ・テラ、ミセレセス・デ・ラ・テラ、ミージェス・デ・ラ・ポルボローサ、モラーレス・デ・レイ、モラーレス・デ・バルベルデ、ナビアーノス・デ・バルベルデ、オテーロ・デ・ボーダス、ポブラドゥーラ・デル・バジェ、プエブリカ・デ・バルベルデ、キンタニージャ・デ・ウルス、キルエーラス・デ・ビドリアーレス、サン・クリストーバル・デ・エントレビーニャス、サン・ペドロ・デ・セケ、サンタ・コロンバ・デ・ラス・モンハス、サンタ・クリスティーナ・デ・ラ・ポルボローサ、サンタ・クロージャ・デ・テラ、サンタ・マリーア・デ・ラ・ベガ、サンタ・マリーア・デ・バルベルデ、サンティバーニェス・デ・テラ、サンティバーニェス・デ・ビドリアーレス、サントベニア、ラ・トーレ・デル・バジェ、ウーニャ・デ・キンターナ、ベガ・デ・テラ、ビジャブラサロ、ビジャフェルエーニャ、ビジャヘリス、ビジャナサル、ビジャヌエバ・デ・アソアーゲ、ビジャヌエバ・デ・ラス・ペラス、ビジャベーサ・デ・バルベルデ、ビジャベーサ・デル・アグア

  1. プエブラ・デ・サナブリア司法管轄区引用エラー: <ref> タグに対応する </ref> タグが不足していますベナベンテ[1]アリステ[2]サジャーゴ[3]などの地域ではレオン語が保持されている。また、トゥエーラ川、ビベイ川の渓谷地域のポルトエルミセンデピーアスルビアンなどの自治体ではガリシア語が話されている[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ Ynduráin, Francisco. Notas sobre el habla de Benavente (Zamora).
  2. ^ Curto López, Mª Rosa. Nuevas aportaciones dialectales al habla de la Tierra de Aliste. Universidad de Valladolid, 1973.
  3. ^ Stern, Charlotte. "Sayago and Sayagués in Spanish History and Literature". Hispanic Review, XXIX, University of Pennsylvania, 1961.
  4. ^ El gallego exterior a las fronteras administrativas — E-PrintsUCM
  5. ^ Aproximación ao galego exterior