サンテック・シンガポール国際会議展示場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンテック・シンガポール国際会議展示場外観
サンテック・シンガポール国際会議展示場内部

サンテック・シンガポール国際会議展示場(英語:Suntec Singapore International Convention and Exhibition Centre、中国語新达城新加坡国际会议展览中心)は、「サンテック・シンガポール」として知られる、シンガポールのマリーナ地区にあるコンベンションセンター。マリーナ地区再開発計画の一環として、サンテック・シティーモール(ショッピングモール。後述)に隣接する形で、1995年8月30日に開業した。

以前は単純に「シンガポール国際会議展示場(Singapore International Convention and Exhibition Centre、略称:SICEC)」と呼ばれていたが、現在の名称に2001年10月29日に改称された。現在のオーナーは、サンテック不動産投資信託(Suntec Real Estate Investment Trust)である。

2003年には、NHKのど自慢の公開放送が開催。

2010年シンガポールユースオリンピックでは、ボクシングフェンシングハンドボール柔道テコンドーレスリングの会場として使用された。

サンテック・シティーモール[編集]

サンテック・シティーモールはシンガポール最大級のショッピングモール[1]。300以上の小売店、100店の飲食店および50台のワゴンショップ軒を連ねる[1]富の泉という世界最大級の噴水も名物[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯1度17分38.1秒 東経103度51分31.6秒 / 北緯1.293917度 東経103.858778度 / 1.293917; 103.858778

  1. ^ a b サンテック・シティ・モール”. シンガポール政府観光局. 2014年9月6日閲覧。
  2. ^ シンガポールのサンテック・シティ・モール前にある富の泉”. エイチ・アイ・エス. 2014年9月6日閲覧。