サブロー寒天培地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サブロー寒天培地(サブローかんてんばいち、: Sabouraud agar)とはペプトンを含む寒天培地の一つ[1]。サブロー寒天培地は皮膚糸状菌や他の真菌培養に使用される[2][3][4]

サブロー寒天培地は1892年にRaymond Sabouraudにより作製され、その名にちなんで命名された。後にEmmonsにより他の真菌の二次培養における発育を促すためにpHを中性域に近くなるよう調整された[5]

脚注[編集]

  1. ^ Omnipresence of Microorganisms in the Environment”. 2008年10月24日閲覧。
  2. ^ Sandven P, Lassen J (November 1999). "Importance of selective media for recovery of yeasts from clinical specimens". Journal of clinical microbiology 37 (11): 3731–2. PMC 85742. PMID 10523586. 
  3. ^ Guinea J, Peláez T, Alcalá L, Bouza E (December 2005). "Evaluation of Czapeck agar and Sabouraud dextrose agar for the culture of airborne Aspergillus conidia". Diagnostic microbiology and infectious disease 53 (4): 333–4. doi:10.1016/j.diagmicrobio.2005.07.002. PMID 16263232. 
  4. ^ About Modified Sabouraud Agar
  5. ^ History and Expected Growth