ソルビトールマッコンキー寒天培地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソルビトールマッコンキー寒天培地(ソルビトールマッコンキーかんてんばいち、Sorbitol macconkey ager)は、腸内細菌を糞便検体から分離するのに優れた選択分離培地であるマッコンキー寒天培地乳糖ソルビトールに置き換えたもので、腸管出血性大腸菌の代表菌であるEscherichia coliO-157の検査に用いられている。

培地の組成[編集]

物質
ペプトン 20.0g
ソルビトール 10.0g
胆汁酸塩混合物 1.5g
塩化ナトリウム 5.0g
中性紅 0.03g
クリスタルバイオレット 0.001g
寒天 14.0g
1000ml

PH=7.0になるように調整する。 作成に当っては加温溶解する。長期保存する場合は、オートクレーブにて、121℃で15分滅菌して保管する。[1] なお、各社より、粉末・生培地などが販売されている。

特徴[編集]

  • ソルビトールマッコンキー寒天培地は、腸内細菌のうち、Escherichia coliO-157は、ソルビトール非分解のため、その他のEscherichia coliと容易に判別できるために用いられる。
  • Escherichia coliO-157は、無色透明のコロニー。[2]

培養の方法[編集]

  • 培地は使用する前に、無菌試験等を行ない問題の無い物を用いる。
  • 検体を採取後できるだけ速やかに培地に画線塗末する。
  • 平板培地を好気条件下において、35℃で18-24時間培養する。[1]

主な菌の発育の性状[編集]

ソルビットマッコンキー寒天培地における発育性状
菌名 性状
Escherichia coli O-157 無色透明
Escherichia coli 桃色~赤色 混濁
Escherichia coli以外のグラム陰性桿菌 桃色~赤色 混濁または、無色透明(ソルビトール非分解菌)

なお、本培地で、無色透明のコロニーが発育したからといって、Escherichia coliO-157陽性としてはならない。

ソルビトールマッコンキー寒天培地の改良品[編集]

一部の組成を変更した、CT-ソルビトールマッコンキー寒天培地(セフィキシム亜テルル酸カリウムが追加されている。)等が販売されている。[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 岡田淳ほか (1994), 微生物学・臨床微生物学, 臨床検査技師講座, 22 (3rd ed.), 医歯薬出版, ISBN 4-263-22622-4 
  2. ^ a b 関東化学 (n.d.), ソルビットマッコンキー寒天培地, http://www.kanto.co.jp/rinsyo/pdf/342.pdf 2009年7月9日閲覧。