ミューラー・ヒントン寒天培地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミューラー・ヒントン寒天培地(ミューラー・ヒントンかんてんばいち、: Mueller-Hinton agar)とは一般に抗生物質感受性試験に使用される微生物学的増殖培地の一つ。ミューラー・ヒントン寒天培地はまたナイセリアモラクセラの分離・維持用に使用されることがある。

ミューラー・ヒントン寒天培地は以下の成分を含む(w/v)[1]

pHは25℃において中性を調整する。

連鎖球菌の感受性試験を行う場合、5%ヒツジ血液を加えることがある。

脚注[編集]

  1. ^ Atlas, R.M. (2004). Handbook of Microbiological Media. London: CRC Press. pp. p. 1226. ISBN 0849318181.