サブレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サブレー

サブレーフランス語: Sablé)とは、ビスケットの一種であり、サックリとした食感とバターの風味が特徴の洋菓子である。

ビスケットの多くは、バター(又はショートニング)と薄力粉の配合比率を、1:2の割合(あくまでも目安)で作るが、サブレーは、ほぼ1:1で作る。これにより、バターの風味が増し、サックリとした食感が生まれる。

家庭でも簡単に作ることが出来るが、土産品として売られている商品も多く、有名なサブレーとしては、鎌倉の鳩サブレー、東京や福岡のひよ子サブレー等がある。

名称の由来[編集]

  • サブレーが作られたフランスサブレ=シュル=サルトに由来している。
  • 17世紀サロンを開いていたサブレ侯爵夫人が、バターをたっぷり使ったガトーセックを出したことから由来しているとも言われている。[1]
  • フランス語において sablé は動詞 sabler(「砂をまく」、「砂で覆う」という意味)の過去分詞形であり、「砂で覆われた」といった意味合いをもつ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ニナ・バルビエ、エマニュエル・ペレ 『名前が語るお菓子の歴史』 白水社、1999年、121頁。ISBN 978-4560039915