ゴラン・ブレゴヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2007年、トビリシでのコンサートにて

ゴラン・ブレゴヴィッチGoran Bregović, 1950年3月22日 - )は、サラエヴォユーゴスラビア、現ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身の作曲家

プロフィール[編集]

元は音楽学校でヴァイオリンを学んでいたが、16歳でロックバンド「ビィェロ・ドゥグメ」 (Bijelo Dugme、「白いボタン」)を結成し大成功を収める。1980年代後半よりフリーとなり、映画サウンドトラックなどを手がける。バルカン半島民族音楽ロマ(ジプシー)の音楽を現代風にアレンジした作風で知られており、ユーゴスラビアを代表する作曲家である。映画監督エミール・クストリッツァとは付き合いの長い旧友であり、彼の監督作品の音楽を多く担当している。

外部リンク[編集]