コンソン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンソン島
コンソン島の位置(ベトナム内)
コンソン島
コンソン島
コンソン島の位置
各種表記
クォック・グー Côn Sơn
北部発音: コンソン
テンプレートを表示

コンソン島(コンソンとう、ベトナム語: Côn Sơn中国語: 崑崙島クメール語: កោះត្រឡាច Koh Tralach)は、南シナ海にあるコンダオ諸島英語版内のベトナムバリア=ブンタウ省に属し、12の島群からなる同諸島の中でも最大規模を誇る[1]

ブンタウから約185キロ、ホーチミン市から230キロ離れ、主島の最高点は584メートル、面積は75.15平方キロ[2]

歴史[編集]

同島は早くから西洋に認識されており、クラウディオス・プトレマイオスの著書『ゲオグラフィア英語版』にはその名が示されている[3]。また、マルコ・ポーロもコンドール島の名で記録を残している[4]

1702年、イギリス東インド会社が同島がベトナムの影響下にないことを確認し支配下に置いたが、1705年3月にスラウェシ島からの傭兵の攻撃を受け壊滅する。

1787年、ルイ16世は復権を狙う広南国の末裔グエン・フック・アイン(のちの阮朝初代皇帝・嘉隆帝)とヴェルサイユ条約英語版を締結。軍事的協力と引き換えに同島の支配権を獲得した。フランスはこの島をプロコンドール島(Pulo Condore、Puloはマレー語で島を意味するpulauに由来)[5]と命名し、1861年コンダオ刑務所英語版を開設。独立運動を展開した政治犯の流刑地に利用した。著名な収監者にはファム・ヴァン・ドンレ・ドゥク・トヴォー・チ・サウ英語版がいる[1]。1954年に同刑務所はベトナム国政府、続くベトナム共和国の管轄となり、ベトナム戦争中にはベトナム民主共和国(北ベトナム)側の捕虜や協力者が多数収監された。

現在はココヤシコーヒー豆の栽培が行われる。ホーチミン市との間に定期船が通い、空港も開設されている。 自然が豊かなことで知られており、2013年にはロンリープラネットにて「世界でも最も神秘的な島トップ9」の一つに選定された[6]

気候[編集]

コンソン島の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 33
(91)
33
(91)
33
(91)
34
(93)
35
(95)
33
(91)
37
(99)
36
(97)
33
(91)
35
(95)
32
(90)
31
(88)
37
(99)
平均最高気温 °C (°F) 27
(81)
28
(82)
29
(84)
31
(88)
31
(88)
30
(86)
30
(86)
30
(86)
30
(86)
29
(84)
28
(82)
27
(81)
29.2
(84.5)
日平均気温 °C (°F) 25
(77)
25
(77)
26
(79)
28
(82)
28
(82)
27
(81)
27
(81)
27
(81)
27
(81)
26
(79)
26
(79)
25
(77)
26.4
(79.7)
平均最低気温 °C (°F) 23
(73)
23
(73)
24
(75)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
24
(75)
24
(75)
24
(75)
24.3
(75.7)
最低気温記録 °C (°F) 17
(63)
18
(64)
18
(64)
20
(68)
22
(72)
17
(63)
17
(63)
20
(68)
20
(68)
20
(68)
18
(64)
17
(63)
17
(63)
降水量 mm (inch) 10
(0.39)
0
(0)
0
(0)
30
(1.18)
220
(8.66)
300
(11.81)
260
(10.24)
310
(12.2)
330
(12.99)
300
(11.81)
200
(7.87)
70
(2.76)
2,100
(82.68)
平均降水日数 1 0 0 3 5 16 14 16 15 14 11 4 103
 % 湿度 78 79 79 78 79 79 80 80 81 83 82 79 80
出典: Weatherbase[7]

脚注[編集]

Citations
  1. ^ a b Kelley, p 5-116
  2. ^ コンソン島
  3. ^ Albert Herrmann, „Der Magnus Sinus und Cattigara nach Ptolemaeus“ (The Sinus Magnus and Cattigara according to Ptolemy),International Geographical Congress, Comptes Rendus du Congrès International de Géographie, Amsterdam, 1938, Leiden, Brill, 1938, tome II, section IV, p.127.
  4. ^ Sir Henry Yule (ed.), The Book of Ser Marco Polo (London, Murray, 1921), Volume 2, 280-283.
  5. ^ Pulo Condore Group, Vietnam”. National Geospatial-Intelligence Agency. 2011年8月25日閲覧。
  6. ^ “世界で最も神秘的な島にコンダオ島が選出”. ナビドットコム. (2013年2月15日). http://vietnam.navi.com/special/5044860 2014年12月10日閲覧。 
  7. ^ Weatherbase: Historical Weather for Con Son Island, Vietnam”. Weatherbase. 2012年11月15日閲覧。
References cited
  • Chapuis, Oscar M. (1995). History of Vietnam:From Hong Bang to Tu Duc. Greenwood Press. ISBN 978-0-313-29622-2. 
  • Johnson, Robert Erwin (1987). Guardians of the Sea: History of the United States Coast Guard, 1915 to the Present. Naval Institute Press, Annapolis. ISBN 978-0-87021-720-3. 
  • Kamm, Henry (2002). Dragon Ascending. Arcade Books. ISBN 978-1-61145-078-1. 
  • Kelley, Michael P. (2002). Where We Were in Vietnam. Hellgate Press, Central Point, OR. ISBN 978-1-55571-625-7. 
  • Larzelere, Alex (1997). The Coast Guard at War, Vietnam, 1965-1975. Naval Institute Press, Annapolis. ISBN 978-1-55750-529-3. 
  • Scotti, Paul C. (2000). Coast Guard Action in Vietnam:Stories of Those Who Served. Hellgate Press, Central Point, OR. ISBN 978-1-55571-528-1. 

参考文献[編集]

  • Brown, Holmes and Don Luce (1973). Hostages of War; Saigon's Political Prisoners. Indochina Mobile Education Project. 
  • Valentine, Douglas (2000). The Phoenix Program. Backinprint.com. ISBN 978-0-595-00738-7. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯8度41分35秒 東経106度36分34秒 / 北緯8.69306度 東経106.60944度 / 8.69306; 106.60944