コリン・マクフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリン・マクフィー

コリン・マクフィー(Colin McPhee, 1900年3月15日 - 1964年1月7日)は、カナダ作曲家音楽学者バリ島に居住して、ガムラン音楽を西洋に紹介して、大きな影響を与えた。

モントリオール出身。ボルチモアトロントで音楽を学んだ後、パリに留学してイシドール・フィリップに学び、さらにニューヨークエドガー・ヴァレーズに師事した。1931年から1939年にかけてバリ島に居住し、ガムランを研究、民族音楽学に成果を残した。1936年にカルロス・チャベスの依頼で、管弦楽でバリの儀礼音楽を再現した『タブー・タブーアン(Tabuh-Tabuhan)』を作曲した。1958年よりカリフォルニア大学ロサンゼルス校で教職についた。またジャズ評論家としても活動した。

友人にベンジャミン・ブリテンレナード・バーンスタインヘンリー・カウエル、カウエルの弟子のルー・ハリソンらがおり、彼らに影響を与えた。

著書[編集]

  • 熱帯の旅人―バリ島音楽紀行