コリンデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリンデヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.99.1
CAS登録番号 9028-67-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

コリンデヒドロゲナーゼ(choline dehydrogenase)は、グリシンセリンおよびトレオニン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

コリン + 受容体 \rightleftharpoons ベタインアルデヒド + 還元受容体

反応式の通り、この酵素の基質はコリンと受容体、生成物はベタインアルデヒドと還元受容体である。補因子としてPQQを用いる。

組織名はcholine:acceptor 1-oxidoreductaseで、別名にcholine oxidase, choline-cytochrome c reductase, choline:(acceptor) oxidoreductase, choline:(acceptor) 1-oxidoreductaseがある。

参考文献[編集]

  • K and Adachi O (1985). “Mammalian choline dehydrogenase is a quinoprotein”. Agric. Biol. Chem. 49: 3623–3626. 
  • EBISUZAKI K, WILLIAMS JN Jr (1955). “Preparation and partial purification of soluble choline dehydrogenase from liver mitochondria”. Biochem. J. 60: 644–6. PMID 13249959. 
  • Gadda G, McAllister-Wilkins EE (2003). “Cloning, expression, and purification of choline dehydrogenase from the moderate halophile Halomonas elongata”. Appl. Environ. Microbiol. 69: 2126–32. doi:10.1128/AEM.69.4.2126-2132.2003. PMID 12676692. 
  • Takabe T (2003). “Isolation and functional characterization of N-methyltransferases that catalyze betaine synthesis from glycine in a halotolerant photosynthetic organism Aphanothece halophytica”. J. Biol. Chem. 278: 4932–42. doi:10.1074/jbc.M210970200. PMID 12466265.