コリンの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリンの戦い
Schlacht-Kolin-1.jpg
戦争七年戦争
年月日1757年6月18日
場所コリン
結果:オーストリアの勝利
交戦勢力
Flag of the Habsburg Monarchy.svgオーストリア Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svgプロイセン
指揮官
Flag of the Habsburg Monarchy.svgレオポルト・ダウン Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svgフリードリヒ大王
戦力
50,000 32,000-35,000
損害
8,000死傷 13,000死傷

コリンの戦い(独:Schlacht von Kolin)は七年戦争において1757年6月18日に起こった会戦である。この戦いでオーストリアプロイセンに対して初めて勝利を収め、これ以降プロイセンは守勢にまわることになる。

プラハの戦いでオーストリア軍を破り、プラハを包囲していたプロイセン軍だったが、ダウン率いる援軍が着陣したため、フリードリヒ大王は軍の一部を割いてこれを牽制した。ダウンは一度後退したものの、増援を得て総勢5万の兵力をまとめると再びプラハに接近する。フリードリヒ大王はプラハ包囲を貫徹させるため、これを阻止すべく3万2千の兵で決戦を求めた。

6月18日、プラハ東方コリン郊外の丘の上に陣を敷くオーストリア軍にフリードリヒ大王は側面攻撃をかけた。しかしダウンの反撃にあってプロイセン軍は大きな損害を出して敗退した。

フリードリヒ大王はプラハ攻略を諦めてボヘミアから撤退、逆にオーストリアが攻勢に出た。この戦いの功績により、ダウンはマリア・テレジア軍事勲章を授与されたが、その際にはマリア・テレジアの義弟であるカールに先にその名誉を与える配慮がなされた。