ロスバッハの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロスバッハの戦い
戦争七年戦争
年月日1757年11月5日
場所ザクセン=アンハルト州 、ロスバッハ
結果:プロイセンの圧勝
交戦勢力
Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svgプロイセン Flag of Electoral Saxony.svgザクセン
Flag of the Habsburg Monarchy.svgオーストリア
Pavillon royal de France.svgフランス
指揮官
Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svgフリードリヒ大王
Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svgフリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツ
Flag of Electoral Saxony.svgヨーゼフ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン
Pavillon royal de France.svgシャルル・ド・ロアン
戦力
22,000 55,000
損害
548 損害 10,000(うち捕虜 7,000)

ロスバッハの戦い(Schlacht von Roßbach)は、1757年11月5日に行われた七年戦争における会戦である。フリードリヒ大王指揮のプロイセン軍約22,000が、ヨーゼフ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン及びスービーズ公シャルル・ド・ロアンが指揮する約55,000のオーストリアザクセンフランス連合軍に勝利した。ひと月後に発生するロイテンの戦いとあわせて軍事史上注目される戦いである。

両軍の展開[編集]

連合軍はプロイセン軍の倍以上という兵力ではあったが、正面決戦ではなくプロイセン軍の側面を集中攻撃するために縦隊で機動していた。当初、ロスバッハ村の建物屋上からこの一見遠ざかる行軍を見ていたフリードリヒ大王は、連合軍は物資補給の為に撤退しているものだと判断していた。しばらくして、大王の休憩時の交代として監視を任されていたプロイセン軍大尉が、連合軍は撤退しているのではなく丘陵の起伏を利用して側面を包囲しようとしていることに気付き、急ぎ大王に報告した。大王は即座に自軍を進軍させ高地に大砲を配置させるとともに、フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツ将軍率いるプロイセン軍重騎兵に連合軍の縦隊先頭に対して攻撃を行うように命令した。

戦闘[編集]

プロイセン軍の砲撃開始とともに、重騎兵の突撃が敢行された。これは連合軍への奇襲攻撃となり、行軍中の連合軍は大混乱に陥った。 この機を見逃さず、プロイセン軍歩兵横隊による総攻撃が行われ、高地からの十字砲火も相成って連合軍をさらなる混乱に陥れた。シャルル・ド・ロアンは自身の歩兵に何度も銃剣突撃を敢行させたが、それはプロイセン軍の圧倒的な火力を前にして悉く失敗し、後続部隊の行動を阻害するだけに終わった。連合軍の殆どの部隊は隊列を組むことすら出来ずに壊走し、戦いはプロイセン軍の劇的な勝利に終わった。

影響[編集]

この戦闘によってフリードリヒ大王の名声は大いに高まり、敵国内からも賞賛の声が聞かれた。戦争に消極的だったイギリスもこの勝利に反応し、プロイセンへの財政援助を決定する。その一方、フランス人であり大王の友人であるヴォルテールは「百年戦争中の数々の敗北も、これほど屈辱的では無かった」と嘆いている。