コリメーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コリメーター(collimator)とは、平行光線を作る装置。日本語では視準器とも呼ばれている。

光学用途[編集]

コリメーターの原理

光学機器の製造、調整に使うためのもので、完全な平行光線、つまり、無限遠にある点光源が光源であるとみなせる光線群を作るものである。光学系を構成するレンズミラーを正確に傾きなく組み付けたり、焦点の位置を調整するために使う。

焦点の調整とは、仕様通りの焦点距離となるように調整することであり、また、どのような対象物に対してもピントが合うように調整することともいえる。具体的には、一般的な望遠鏡カメラのレンズでは、焦点距離は無限遠にピントを合わせた状態で表すし、かつ、無限遠から近距離までにピントが合う必要があるために、そのような調整が必要となる。充分な精度で調整されていない場合、ピントが合わない場合があるだけでなく、望遠鏡の接眼レンズを交換したり、カメラのレンズを交換することができなくなる。

従来のコリメーターは、平行光線を作る光学系と、対物側に置かれた光源に書かれたパターンを肉眼で確認して調整するものが一般的であったが、近年はレーザー光線を使ったものも広く使われている。

原子力用途[編集]

原子核、または分子線などの実験、測定において、ビームを細く絞ることで、粒子の経路を平行にするもの。蛍光X線分析装置などに使う。

軍事用途[編集]

コリメーター

既知の位置に離れた目標物を必要とするような計測用に使用され目標物に向かう無限の仮想直線を設定することが出来る。 火砲を設置する場合に隣の砲との基準線や目標物に対する基準線を設定するために必要で間接射撃を行うために必須の装備である。

通常、砲の位置から目標は視認できず、目標を直接確認できるのは最前線の歩兵部隊や随行している観測班である。コリメーターはこの観測班等を指向しており、迫撃砲本体に取り付けられる照準器はコリメーターに照準を合わせる。後は三角測量と同様に目標までの射撃方位と距離を算出できる。

コリメーターが無い場合には測量棒を立てて測量するか、目分量で行うしかない。このため、現代の自走砲などにはかならず内蔵されている装備である。

外部リンク[編集]