コホーテク彗星 (C/1973 E1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コホーテク彗星
C/1973 E1 (Kohoutek)
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
コホーテク彗星 C/1973E1
発見
発見者  ルボシュ・コホーテク
発見日  1973年3月7日
符号・別名  C/1973 E1 = 1973 XII = 1973f
軌道要素 - IAUNASA
元期 1973年12月21日
離心率 (e)  1.000008
近日点距離 (q)  0.142425 AU
軌道長半径 (a)  -
遠日点距離 (Q)  -
公転周期 (P)  -
軌道傾斜角 (i)  14.3043°
近日点引数 (ω)  37.7976°
昇交点黄経 (Ω)  258.4895°
前回近日点通過  1973年12月28日
次回近日点通過  なし(非周期彗星)

コホーテク彗星(コホーテクすいせい、Comet Kohoutek、C/1973 E1)は、 1973年3月7日チェコ天文学者ルボシュ・コホーテクによって発見された彗星である。翌1974年には地球に接近し、肉眼でも観測できるようになった(このような彗星の事を肉眼彗星と呼ぶ)。

コホーテク軌道と地球の軌道

発見当初の観測によると、彗星の核が大きく、近日点距離が小さく(0.1424天文単位)、かつ近日点通過時に地球から見て太陽と反対側に位置するなど、大彗星になるための条件を満たしており、マイナス等級の彗星になると期待されていた。

しかし観測光度はピーク時でも3等級に留まり、マスコミが「今世紀最大~」等と大々的に報道しすぎたため、それ以降は天文現象について過度の期待を抱かせるような報道は影をひそめるようになった。ただ、明るさこそ期待外れだったが、長い尾を引いた姿は壮観であったという。

この3年後に訪れたウェスト彗星は、コホーテク彗星とは対照的に当初一般にはほとんど報道されなかったが、「20世紀でも随一の美しさ」とさえ言われた姿にまで成長した。