ゲオルク・レティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲオルク・ヨアヒム・レティクス(George Joachim Rheticus または Rhäticus, Rhetikus と表記、1514年2月16日 - 1574年12月4日)、本名ゲオルク・ヨアヒム・フォン・ラオヒェン(Georg Joachim von Lauchen)はオーストリアの数学者、天文学者。コペルニクス地動説の概要(Narratio prima)を1540年に公刊し、コペルニクスに『天球の回転について』の出版を強く勧めた。カナ表記はレーティクス、レチクスとされる場合もある。

オーストリアのフェルトキルヒに生まれた。1528年から1531年までチューリッヒで数学を学び、その後ヴィッテンベルクで学んだ。1537年にウィッテンベルク大学の教授となり、1539年から2年間フラウエンブルクでコペルニクスと暮らした。1539年にグダニスクを訪れ、市長の補助を得て、コペルニクスの地動説の『概要』(Narratio prima)を1540年に公刊した。1542年にニュルンベルクに行き、コペルニクスの『天球の回転について』の出版にかかわり、『天球の回転について』はコペルニクスの死の直前の1543年に刊行された。

エルムランドErmland)の司祭や司教をパトロンに持ち、ポーランド王ジグムント2世にも仕え、クラクフで長く教師を務めた。1574年にハンガリーのコシツェで没した。