ケニア軍のソマリア侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケニア軍のソマリア侵攻
戦争ソマリア内戦
年月日2011年10月16日 -
場所ソマリア
結果
交戦勢力
ケニアの旗 ケニア
ソマリアの旗 ソマリア
フランスの旗 フランス[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ShababFlag.svgアル・シャバブ
指揮官
ケニアの旗 ケニアムワイ・キバキ

ケニアの旗 ケニアマハムド・ユーサフ・ハージ
ケニアの旗 ケニアマジ・エマニュエル・チルチル[2]
ソマリアの旗 ソマリアシェイク・シャリフ・シェイク・アフマド
ソマリアの旗 ソマリアカブディカリム・ユーサフ・アーダム

ShababFlag.svgイブラヒム・ハージ・ジャマア・ミーアード

ShababFlag.svgアブ・マンスール
ShababFlag.svgムクター・アブディラマン
ShababFlag.svgアリ・デーレ・モハンマド
ShababFlag.svgフアード・シャンゴール

戦力
ソマリア:4000以上

ケニア:1600以上

14400以上
  • 約3000のcore部隊
損害
7殺害[3][4]
77負傷[5]
1パトロールボート[6]
1Z-9[7]
73殺害[8]
10捕虜

ケニア軍のソマリア侵攻2011年10月16日ケニア軍アル・シャバブを掃討するためにソマリア領内に侵入した軍事行動[9]ソマリア政府が支援を表明した。

概要[編集]

年表[編集]

2011年[編集]

10月16日未明、ケニア軍はソマリアとの国境を越えて周辺のアル・シャバブの二つの基地を制圧したと発表した。同日ケニア軍はリボイで二つのZ-9ヘリコプターが学校の近くで着陸に入ったがそのうち一つが着陸に失敗して、火災が起こった。[10]5人が死亡した。[11]ケニア軍は攻撃にトラック部隊、ヘリコプター、戦闘用の飛行機を使用すると発表した。[12][13] 10月17日頃未明、ソマリアとケニアの間にあるコカニ(Qoqani)をケニア軍が攻撃し、制圧した。[14]コカニはソマリアとケニアの国境から約100kmの場所に位置し、ここからアル・シャバブはケニアへと通過して犯罪・テロを繰り返したとされる。[14]コカニはそのためかアル・シャバブの拠点でもあり、多数のキャンプが置かれていた。[14]そこでアル・シャバブは仲間達と交流したとも見られている。[14]ケニア軍はそこに陸上で大量のキャンプが置かれているのを発見し、空爆で致命的なダメージを与えた後進軍してとどめをさして制圧した。[14]コカニは現在はソマリア政府の手にある。[14]その先週には周辺でスペイン人2人が誘拐されており、そこを探ったかと見られる。10月18日未明にアルジャジーラはモガディシュで車爆弾が爆発し少なくとも2~4人が死亡、15人が負傷したと報道した。[15]アリ・アブディ・ラフマン報道官はAFPに爆弾の標的が不明だと話した。[16]ソマリアは周辺の警備を強化すると発表した。[17] 10月24日未明、ケニアの首都ナイロビのディスコで手投げ弾攻撃があった。地元警察によると攻撃による負傷者はケニア人14人で、幹部はアル・シャバブが関与しているとの見方を示した。[18]二日前の22日にはナイロビの米大使館がショッピングモールなどの外国人が集まる施設を狙ったテロ攻撃の差し迫った脅威があるとして、警戒を呼び掛けていた。[19]現場にいた販売員は負傷者は救急車で搬送されたと説明した。[20]同日夜には他にも1件の手投げ弾攻撃があり1人が死亡、8人が重傷を負った。[21]同日には報復としてケニア軍はキスマヨにミサイルを発射した。[1]アル・シャバブはミサイルでの損害等は無かったと発表した。フランスのメディアはケニア軍が発射したミサイルはフランス軍の物の可能性があると報道した。[1] 10月27日未明、ケニア、ソマリアとエチオピアの国境点の近くにあるマンデラ (ケニア)で4人の兵士が謎の集団に攻撃されて死亡した。[22]アル・シャバブがこの攻撃に関連したかは不明。 10月28日にはソマリアのタブダと以前にケニア軍が制圧したコカニでアル・シャバブとケニア軍が衝突[23]。ケニア軍が2週間近く前にソマリア国境を越えてから以来の衝突だった。両勢力が死亡などの損害を負った。タブダはコカニの西にある町で、ケニア国境から約60kmでコカニよりも国境に近い。ここからキスマヨへの道がある。ケニア軍はキスマヨからダブダに進行。ケニア軍の報道官マジ・エマニュエル・チルチルは9人のアル・シャバブ兵士が殺害されて1人のケニア軍が死亡、2人が重傷を負ったと述べた。アル・シャバブは20人のケニア軍が殺害されたと出張するとともに報道官はこれからの攻撃を警戒した。 10月29日、モガディシュで自爆攻撃があった。[24]死者数は不明。アル・シャバブは多数が死んだと出張している。 10月30日、ソマリアの南に位置するジリブをケニア軍が空爆。[25]少なくとも10人が死亡し45人が負傷。 11月3日にはケニア軍はTwitterでアル・シャバブにロバを売らないよう警戒した。[26][27]アル・シャバブは仲間との武器の交流にロバを使っているためである。

2012年[編集]

ケニア軍は、アフリカ連合のソマリア平和維持部隊として引き続きソマリア南部で活動。2012年9月にはウガンダ軍とともにアル・シャハブが掌握する最後の大都市キスマユを包囲。9月29日には撤退に追い込むことに成功した[28]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Somalie: pas de coup de main français pour corriger les islamistes somaliens?” (French). Ouest France (2011年10月24日). 2011年10月25日閲覧。
  2. ^ ともに報道官でもある
  3. ^ http://www.reuters.com/article/2011/10/21/us-kenya-somalia-idUSTRE79K5TQ20111021
  4. ^ “Kenya Pursues Al-Shabaab Rebels in Somalia After Abductions”. Businessweek. (2011年10月17日). http://www.businessweek.com/news/2011-10-17/kenya-pursues-al-shabaab-rebels-in-somalia-after-abductions.html 2011年10月18日閲覧。 
  5. ^ http://www.capitalfm.co.ke/news/2011/10/rain-halts-kenyan-troops-in-somalia
  6. ^ http://www.criticalthreats.org/somalia/timeline-operation-linda-nchi-october-24-2011
  7. ^ Kenya: Military Chopper Crashes”. allAfrica.com (2011年10月16日). 2011年10月23日閲覧。
  8. ^ “Kenya Cabinet meeting backs military operation in Somalia”. Xinhua. (2011年10月18日). http://www.coastweek.com/3441_security_14.htm 2011年10月18日閲覧。 
  9. ^ ケニア軍がソマリア進攻=イスラム過激派を追撃(時事通信)(日本語)、2011-10-17閲覧
  10. ^ Kenya: Military Chopper Crashes”. allAfrica.com (2011年10月16日). 2011年10月23日閲覧。
  11. ^ Kenyan army in for ‘mother of all battles’ - News”. nation.co.ke (2011年10月17日). 2011年10月23日閲覧。
  12. ^ “Kenyan troops enter Somalia to attack rebels”. Capital FM News. (2011年10月16日). http://www.capitalfm.co.ke/news/2011/10/kenyan-troops-enter-somalia-to-attack-rebels/ 2011年10月16日閲覧。 
  13. ^ Somali militants threaten suicide attacks in Kenya –”. Usatoday.com (2011年10月17日). 2011年10月23日閲覧。
  14. ^ a b c d e f “Kenya: Army Hit Somali Terror Base”. allAfrica.com. (2011年10月17日). http://allafrica.com/stories/201110180138.html 2011年10月18日閲覧。 
  15. ^ “Deadly blast hits Somali capital”. Al Jazeera English. (2011年10月18日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/10/2011101813351279957.html 2011年10月18日閲覧。 
  16. ^ “Deadly blast hits Somali capital”. Al Jazeera English. (2011年10月18日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/10/2011101813351279957.html 2011年10月18日閲覧。 
  17. ^ “Deadly blast hits Somali capital”. Al Jazeera English. (2011年10月18日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/10/2011101813351279957.html 2011年10月18日閲覧。 
  18. ^ “Police link al-Shabab to Nairobi attack”. Al Jazeera. (2011年10月24日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/10/2011102405349143812.html 2011年10月24日閲覧。 
  19. ^ “Police link al-Shabab to Nairobi attack”. Al Jazeera. (2011年10月24日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/10/2011102405349143812.html 2011年10月24日閲覧。 
  20. ^ “Police link al-Shabab to Nairobi attack”. Al Jazeera. (2011年10月24日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/10/2011102405349143812.html 2011年10月24日閲覧。 
  21. ^ “Kenyan capital hit by second blast”. Al Jazeera. (2011年10月25日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/10/2011102405349143812.html 2011年10月25日閲覧。 
  22. ^ “Kenyan capital hit by second blast”. Al Jazeera. (2011年10月25日). http://english.aljazeera.net/news/africa/2011/10/2011102405349143812.html 2011年10月25日閲覧。 
  23. ^ “Kenyans in first al-Shabab battle in Somalia”. BBC. (2011年10月28日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-15494034 2011年10月29日閲覧。 
  24. ^ “Kenyan Jets Bomb Southern Somalia, 10 Dead”. Voice of America. (2011年10月30日). http://www.voanews.com/english/news/africa/Kenyan-Jets-Bomb-Southern-Somalia-10-Dead-132884553.html 2011年10月30日閲覧。 
  25. ^ “Kenyan Jets Bomb Southern Somalia, 10 Dead”. Voice of America. (2011年10月30日). http://www.voanews.com/english/news/africa/Kenyan-Jets-Bomb-Southern-Somalia-10-Dead-132884553.html 2011年10月30日閲覧。 
  26. ^ Kenya Tweets Warning: Do Not Sell Donkeys to al-Shabab
  27. ^ “Kenya army warns of al-Shabab donkeys in Somalia”. BBC. (2011年11月4日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-15591654 2011年11月4日閲覧。 
  28. ^ “キスマユから撤退=イスラム過激派、拠点都市喪失―ソマリア”. 時事通信社. (2012年9月29日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201209/2012092900263 2012年10月7日閲覧。