グレン・バウアーソック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グレン・バウアーソック(Glen Bowersock, 1936年 - )は、アメリカ合衆国の歴史学者。専攻は古代ギリシア古代ローマ近東

ロードアイランド州プロビデンスに生まれる。マサチューセッツ州ウェストンのリバースクールに通い、1957年にハーバード大学から最優秀生 (summa cum laude) としてA.B.学位を取得、1959年にオックスフォード大学から首席クラスで文学士号を取得、1962年に同大学で博士号を授与された。以後、バウアーソックが取得した名誉学位には、ストラスブール大学名誉博士(1990年)、高等研究学習院(パリ)名誉博士(1999年)、アテネ大学名誉博士(2005年)などがある。また、ロードス島研究者として、オックスフォード大学とベリオールカレッジの名誉研究員にもなっている。

オックスフォード大学ではベリオール、マグダレン、ニューカレッジの3カレッジ(1960年-1962年)で歴史学・古典学の教授として講義を担当し、以降はハーバード大学(1962年-1980年)で教鞭を執った(1969年から正教授)。その後、1980年から2006年に退職するまでプリンストン高等研究所教授となっている。

これまでに1ダース以上の著書を出し、ギリシア、ローマ、近東史やその文化、より古典的なその伝統に関して300以上の論文を発表している。なお、ハーバード大学在職中(1962年-1980年)は、古典学会の会長や学芸学科の教務主任になっていた。

業績としては、著書『古代後期ヘレニズム』によって、米国歴史学会よりジェームズ・ヘンリー・ブレステッド賞を受賞したことでも知られている。