グリオキシル酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリオキシル酸
識別情報
CAS登録番号 298-12-4
ChemSpider 740
特性
化学式 C2H2O3
モル質量 74.04 g mol-1
密度 g cm-3
融点

-93 °C

沸点

111 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

グリオキシル酸(グリオキシルさん、glyoxylic acid)は、1分子の中にアルデヒド基カルボキシル基を持つカルボン酸の一種である。一部の植物菌類が持ち、脂質からの糖新生を可能にするグリオキシル酸回路では、アセチルCoAと結合してリンゴ酸を作る。また、無電解めっき還元剤としても使用される。

グリオキシル酸はヒトではエチレングリコールからシュウ酸に代謝される際の中間体で、体内で酸化を受けると有害なシュウ酸が生成されることになる[1][2]

ピリドキシンビタミンB6)は、グリオキシル酸を有害なシュウ酸するよりはむしろグリシントランスアミナーゼによりグリシンへの転換を促進する作用を有する[3]

脚注[編集]

  1. ^ 実験的蓚酸カルシウム結石症における蓚酸前駆物質に関する研究、諸角 誠人、小川 由英、日本泌尿器科学会雑誌、Vol.86 (1995) No.5,JOI:JST.Journalarchive/jpnjurol1989/86.1022
  2. ^ Carney, E.W. (1994) An integrated perspective on the developmental toxicity of ethylene glycol. Reprod. Toxicol. 8, 99-113
  3. ^ 尿細管間質性腎炎: 尿細管間質性疾患メルクマニュアル18版 日本語版

関連項目[編集]