グザヴィエ・モンルジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Xavier Montrouzier

ジャン・グザヴィエ・イアサント・モンルジェ(Jean Xavier Hyacinthe Montrouzier、1820年 - 1897年)は、フランス宣教師博物学者である。太平洋の島々の動植物を研究した。

生涯[編集]

モンペリエで生まれた。 マリスト会の宣教師として太平洋の島々で1846年から働き、ニューカレドニアヌメア刑務所の最初の牧師となり、ニューカレドニアのサンルイ(St. Louis)で没した。

宣教師として働く一方、野生動物の研究を行い、昆虫メラネシアの動物を研究した。1874年にニューカドレニアにイナゴの駆除のためにAcridotheres tristis を持ち込んだ。オーストラリア大陸タヒチ島マダガスカル島レユニオン島へも旅し、博物学研究を行った。

モンルジェの集めたニューカレドニアの植物標本は、リヨン大学の標本館やモンペリエの植物研究所に収められ、ジョルジュ・ビューヴィサージュ(Georges Beauvisage)によって研究された。貝類のコレクションは、ボルドー自然史博物館に保存されている。

献名された学名[編集]

  • Phyllanthus montrouzieri Guillaumin (トウダイグサ科)
  • Barringtonia montrouzieri Vieill. (サガリバナ科)
  • Mezonevron montrouzieriGuillaumin (Leguminosae)
  • Aglaia montrouzieri Pierre (センダン科)
  • Lepiaglaia montrouzieri Pierre (センダン科)
  • Xanthostemon montrouzieri Pamp. (Myrtaceae)
  • Nepenthes montrouzieriiDubard (Nepenthaceae)

著書[編集]

Montrouzier, P. 1855. Essai sur la faune de l'île de Woodlark ou Mouiou. Annales de la Société d'Agriculture de Lyon 2 7: 1–114

評伝(一部)[編集]

  • Georges Beauvisage, « Révision de quelques genres de plantes néo-calédoniennes du R.P. Montrouzier », Annales de la Société botanique de Lyon, vol. 19, 1894
  • Georges Beauvisage, « Deuxième note sur l'herbier du R. P. Montrouzier, le genre Eutrecasteauxia Montr », Annales de la Société botanique de Lyon, vol. 12, 1897
  • Georges Beauvisage, Notice sur le Révérend Père Xavier Montrouzier, botaniste en Nouvelle-Calédonie, Paris, J.-B. Baillière et fils, 1898