グオル・マリアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グオル・マリアル Portal:陸上競技
Guor Marial (Independent Olympic Athlete) - London 2012 Mens Marathon.jpg
2012年ロンドンオリンピックマラソン競技
選手情報
フルネーム グオル・マリアル
国籍 無国籍
種目 長距離走
生年月日 1984年4月15日(30歳)
生誕地 スーダンの旗 スーダン(現南スーダンの旗 南スーダン)、ユニティ州パンリエン郡
居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州ココニノ郡フラッグスタッフ市
身長 180㎝
体重 60㎏
編集 テンプレートのヘルプを表示する

グオル・マリアル(Guor Marial、1984年4月15日[1] - )は、陸上選手である。民族ディンカ族で、出身地はスーダン(現在は南スーダン領)ユニティ州パンリエン郡である。

第二次スーダン内戦中の難民キャンプから脱走した。紛争中に彼の親族は28人が命を落としており、20年ほど彼は親族と会っていない[2]

2001年頃にアメリカに渡り、難民として永住権を獲得した。2011年10月のマラソンで2時間14分32秒の五輪参加標準記録を突破した。アイオワ州上院議員らの支援により、無国籍の彼は、IOCより、独立参加選手団としてロンドンオリンピック出場権が認められた[3]。当初はアメリカ代表で参加する予定だったが、無国籍という理由で叶わず、逆にIOCからスーダン代表として参加するよう打診された。しかし、第2次スーダン内戦で親族を殺された経緯からスーダンでの出場を拒否している[4]

オリンピックのマラソンでは47位となった[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Guor Marial - Athletics - Olympic Athlete London 2012
  2. ^ オリンピック 自分代表のマラソン選手”. ロシアの声 (2012年8月13日). 2012年9月20日閲覧。
  3. ^ マリアル“無国籍”で五輪出場へ”. サンケイスポーツ (2012年7月21日). 2012年9月20日閲覧。
  4. ^ The Marathoner Without a Country”. ニューヨークタイムズ(電子版) (2012年7月20日). 2012年9月28日閲覧。
  5. ^ 「難民への理解」訴える 南スーダン出身のランナー”. 産経新聞 (2012年8月12日). 2012年9月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]