グアヤス川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グアヤス川
Río Guayas
グアヤス川
グアヤキルのサンタアナ丘から見るグアヤス川
延長 389 km
流域面積 34,500 km²
水源 アンデス山脈
河口・合流先 グアヤキル湾太平洋
流域 エクアドルの旗 エクアドル
テンプレートを表示
帆船「グアヤス」(Guayas)。
マル・デル・プラタの埠頭
アルゼンチン)、2010年2月

グアヤス川スペイン語: Río Guayas, 英語: Guayas River)は、エクアドル西部の。その名はグアヤス県 (Guayas Province) の名称にもなっており、大西洋に流入しない南アメリカで最も重要な川である。ダウレ川スペイン語: Río Daule, 英語: Daule River)を含んだ全長は389km。

地理[編集]

流路[編集]

グアヤス川は、アンデス山脈にその水源の一つがあり、チンボラソ山がエクアドルの最高峰の火山である。エクアドルの紋章は、から下ってくる川を表現している。グアヤス (Guayas) は川の下流域の名称であり、グアヤス県の都市グアヤキルドゥラン (Durán) の間で、西からのダウレ川と、東からのババオヨ川英語: Babahoyo River)の合流点より始まる。グアヤス川はその後 Santay 島の周りを流れて、再び一つの流れになる。合流点より三角州までの距離は60キロメートルである。

三角州[編集]

グアヤス川は非常に複雑な三角州を形成する。最も重要な特徴はエステロ・サラド(Estero Salado) と呼ばれる沼地に囲まれ、潮汐の影響を受ける干潟の存在である。グアヤス川とエステロ・サラドとの地域は、島々による迷路を形づくる。そのいくつかはスラムに変貌している。

川の主流は、潮汐に影響を受けて島々の小さな群を結成し、それから太平洋の入り口であるグアヤキル湾につながる。その影響はプーナ島 (Puná Island) や、Jambelí 海峡、エル・オロ県で顕著である。

分水界[編集]

グアヤス川は、アンデス山脈の西で、南アメリカ最大の流域をもち、9つのに34,500 km²の区域がある: ロス・リオス県グアヤス県ボリーバル県マナビ県カニャール県ピチンチャ県アスアイ県チンボラソ県コトパクシ県。 グアヤス川は毎年、3000万立方メートルもの水をグアヤス湾に放出している。

座標: 南緯2度11分 西経79度52分 / 南緯2.183度 西経79.867度 / -2.183; -79.867