グアヤス川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グアヤス川
Río Guayas
グアヤス川
グアヤキルのサンタアナ丘から見るグアヤス川
延長 389 km
流域面積 34,500 km²
水源 アンデス山脈
河口・合流先 グアヤキル湾太平洋
流域 エクアドルの旗 エクアドル
テンプレートを表示
帆船「グアヤス」(Guayas)。
マル・デル・プラタの埠頭
アルゼンチン)、2010年2月

グアヤス川スペイン語: Río Guayas, 英語: Guayas River)は、エクアドル西部の。その名はグアヤス県 (Guayas Province) の名称にもなっており、南アメリカ大西洋側に流入しない川の中では最も重要な川である。ダウレ川スペイン語: Río Daule, 英語: Daule River)を含んだ全長は389km。エクアドルの国民的な川であり、エクアドルの国章にも描かれている。

地理[編集]

流路[編集]

グアヤス川は、アンデス山脈、特にエクアドルの最高峰の火山であるチンボラソ山をその水源としており、エクアドルの国章には、チンボラソ山から下ってくるグアヤス川が描かれている。グアヤス (Guayas) は、グアヤス県の都市グアヤキルドゥラン (Durán) の間にある、西からのダウレ川と東からのババオヨ川英語: Babahoyo River)の合流点から始まる下流域の名称である。グアヤス川はその後 Santay 島の周りを流れて、再び一つの流れになる。合流点から三角州までの60キロメートルの間で、グアヤキル郡とドゥラン郡、またグアヤキル群とナランハル郡の境界線となっている。

三角州[編集]

グアヤス川は非常に複雑な三角州を形成している。最も重要な特徴は、沼地に囲まれ、潮汐の影響を受けるエステロ・サラド (Estero Salado) と呼ばれる三角州の存在である。グアヤス川とエステロ・サラドとの間は、島々による迷路を成しており、そのいくつかはスラムへと変貌している。

川の主流は潮汐の影響を受け、また小さな島嶼を成している。中でもモンドラゴン島は重要度が高い。主流は太平洋の入り江の一つグアヤキル湾につながる。その影響はプナ島 (Puná Island) や、エル・オロ県のハンベリー (Jambelí) 海峡で顕著である。

分水界[編集]

グアヤス川は、南アメリカ大陸アンデス山脈西側にある川の中では最大の流域面積を持つ。34,500 km2の流域は、 ロス・リオス県グアヤス県ボリーバル県マナビ県カニャール県ピチンチャ県アスアイ県チンボラソ県コトパクシ県の9つのに跨っている。 グアヤス川は毎年3,000万立方メートルの水をグアヤキル湾に放出している。

座標: 南緯2度11分 西経79度52分 / 南緯2.183度 西経79.867度 / -2.183; -79.867