クンスト編み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クンスト編み.

クンスト編みクンストレースクンストストリッケンレース)は、4~6本の棒針を用いて編む棒針編みの技法の一種である。

編み始めに3目から8目程度の少ない数で作り目を行い、これを輪編みの場合と同様に複数の棒針に分散する。編み進む途中で「掛目」「増し目」などの技法を用いて一段ごとの目数を増やす。これにより中心部から円形ないし正多角形の放射状の編地となる。掛目を多用すると編地は透かし編みとなる。細い綿や麻の糸を使用するとレースのドイリーテーブルクロスとしての使用に適した作品となる。

関連項目[編集]