レティセラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レティセラ
年代不詳
エリザベス1世(1522年-1603年)
レティセラの特徴をもつレースを身につけている

レティセラ(reticella)とは、布地に刺繍を施した後、糸を引き抜いて数本の糸を残し、ボタンホールステッチで補強して幾何学的な模様を作る技法である。すべてのニードルレース技法の源とされ、これがプント・イン・アリアへと発展していった[1]ヴェネツィアの刺繍師たちが、1540年代に発明したとされる[2]ポアン・クペはレティセラより原始的な、カットワークであり、布をカットしてかがることで透かしを入れる技法であり、レテイセラの前身とされる[3]

ヨーロッパ中の高貴な人々の身を飾るようになった最初のレースである、当時は非常に高価であった。レティセラ1560年頃から1610年代頃の肖像画に描かれている[4]

脚注欄[編集]

  1. ^ Anne Kraatz『レース 歴史とデザイン』訳:深井晃子株式会社平凡社、1989年、p.24
  2. ^ Anne Kraatz『レース 歴史とデザイン』訳:深井晃子株式会社平凡社、1989年、p.12
  3. ^ Anne Kraatz『レース 歴史とデザイン』訳:深井晃子株式会社平凡社、1989年、p.24
  4. ^ 吉野真理 (レース蒐集家) 『アンティーク・レース』里文出版、1997年、p.24

関連項目[編集]

参考文献[編集]