クロセセリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロセセリ
Notocrypta curvifascia kollam.resized.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目 Lepidoptera
上科 : セセリチョウ上科 Hesperioidea
: セセリチョウ科 Hesperiidae
: クロセセリ属 Notocrypta
: クロセセリ
N. curvifascia 
学名
Notocrypta curvifascia
(C.&R. Felder)
和名
クロセセリ
英名
The Restricted Demon
亜種
  • N. c. curvifascia
    (C. & R. Felder)

クロセセリ(黒挵、Notocrypta curvifascia)はチョウ目セセリチョウ科に属するチョウの一種。

概要[編集]

亜熱帯林からオープンランド、人家周辺にも生息する暖地性の蝶。黒褐色の翅をもち、前翅中央部に大きな白斑を付ける。触角は長く、先端は白い。

幼虫の食草はミョウガハナミョウガタケクマランゲットウなどのショウガ科植物で、イネ科を基本とする日本のセセリチョウ類においては異端である。

年三化で、本州九州成虫45月から発生を始め、10月終わりにはいなくなる。奄美群島では年4・5回発生。八重山列島では年中発生。越冬態は蛹または幼虫。

分布[編集]

四国九州以南と山口県に分布。国外では東洋区

参考文献[編集]

  • 牧林功解説 『日本の蝶』成美堂出版、1994年、ISBN 4-415-08045-6
  • 日本環境動物昆虫学会編『チョウの調べ方』文教出版、1998年、ISBN 4-938489-11-2

関連項目[編集]