クリストフ・シャイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストフ・シャイナー
クリストフ・シャイナー
人物情報
生誕 1575年7月25日
ドイツの旗 ドイツ
死没 1650年7月18日(74歳)
国籍 ドイツの旗 ドイツ
学問
研究分野 天文学
主な業績 太陽黒点を初めて観測
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

クリストフ・シャイナー(Christoph Scheiner、 1575年7月25日(1573年説もある)- 1650年7月18日)はドイツ天文学者イエズス会員。太陽黒点を観測した最初の学者の一人である。

1611年に太陽の黒点をヨハン・シサットの助けを受けて観測した。シャイナーは黒点を太陽の衛星であると解釈した。1630年にRosa Ursinaを出版した。 黒点はガリレオによって1609年に見つけられたとされ、発見の太陽の表面の現象であるとするガリレオ・ガリレイと、どちらが先に発見したかも争われた。

シャイナーの黒点の記録は後に太陽の活動の長期的変動を調べるのに利用された。

シャイナーは死ぬまで、地動説に反対した。

ガリレオに、黒点発見の先取権の論争などによって敵意をいだいており、地動説を支持するガリレオとローマ教会が紛争にいたった一因であるとされる。

参考文献[編集]

  • Franz Daxecker: Der Physiker und Astronom Christoph Scheiner. Universitätsverlag Wagner, Innsbruck 2006
  • Franz Daxecker: The Physicist and Astronomer Christoph Scheiner: Biography, Letters, Works, Veröffentlichungen der Universität Innsbruck 246, 2004.