クラミジア・トラコマチス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラミジア・トラコマチス
ChlamydiaTrachomatisEinschlusskörperchen.jpg
Chlamydia trachomatis
分類
ドメイン : 真正細菌 Bacteria
: クラミジア門
Chlamydiae
: クラミジア綱
Chlamydiae
: クラミジア目
Chlamydiales
: クラミジア科
Chlamydiaceae
: クラミジア属
Chlamydia
: C. トラコマチス
C. trachomatis
学名
Chlamydia trachomatis
(Busacca 1935) Rake 1957

クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis, CT)とは、主に性器に感染するクラミジアの1種。

性状[編集]

直径約300nmの球形である。約1040kbの環状DNAを持つほか、7.5kbのプラスミドを持つ。

他の感染性を示すクラミジアに見られないものとして、グリコーゲン葉酸を合成するということがある。

性状の違いから生物型LGV、生物型Trachoma、生物型Mouseの大きく3つの生物型に分けることができる(ただし生物型Mouseは別種という説あり)。ヒトに病原性を示すのは生物型LGVと生物型Trachomaの2種である。血清型はA,B,Ba,C,D,D7,E,F,G,H,I,I',J,K,L1,L2,L2',L3の18ある。

病原性[編集]

鼠径リンパ肉芽腫のみが生物型LGVの感染で、それ以外は生物型Trachomaの感染による。

流行地ではA,B,C型によるものが多い。母親からの垂直感染ではD,E,F,G型によるものが多い。
D,E,F,G型によるものが多い。
L1,L2,L3型による。
D,E,F,G型によるものが多い。

診断[編集]

蛍光抗体法抗体を顕微鏡下に観察する方法、酵素標識抗体を用いて抗原を検出する方法、DNAプローブ法やPCR法,TMA法によって直接プラスミドDNAを検出する方法がある。 日本では淋菌およびクラミジア・トラコマチス同時核酸増幅同定精密検査が健康保険での適応が認められている。

治療[編集]

テトラサイクリン系マクロライド系ニューキノロン系が一般的に用いられる。また、葉酸合成を阻害するサルファ剤も有効。増殖時間が長いため1週間以上の投与が必要となる。最近、単回投与で有効な薬も使われるようになった。

関連項目[編集]