クラッカー (パーティーグッズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラッカーの準備をする男性

クラッカー (cracker) は、パーティーグッズの一種。

日本での典型的なクラッカーは、小さな円錐形の容器にが付いており、紐を引くことで中に仕込んだ火薬が発火しパンと音が鳴る(火薬はごく少量なので危険はない)。紙テープ紙ふぶきなどが飛び出すものもある。

火薬を使わない、大型で機械式のクラッカーもある。 また、小型で、イベント・パーティー・結婚式等で利用できる圧縮炭酸ガスを使用したエアー式クラッカーもある。

クラッカーの語源はオノマトペである。日本では円錐形で紐を引くと音が鳴るタイプがよく見られ、クラッカーといえば主にこれをさすが、英語でクラッカーと言った場合、日本で言うクラッカーも含むが、爆竹 (firecracker) やクリスマスクラッカー (christmas cracker) を意味することが多い。爆竹は火による点火が必要である。クリスマスクラッカーは両端を引っ張ることで封が破れるが、音が鳴る物と鳴らない物がある。紐を引くと音が鳴る物は、英語ではパーティーポッパー(Party Popper)と呼ぶことが多い。これは日本では三角形の物が多いが、アメリカなどでは単2乾電池くらいのボトル型の物も多い。円すい形のクラッカーは、「Cone Shaped Party Popper」と呼ばれる。ただし円すい形の物をクリスマスクラッカーと呼ぶ場合もある[1]

仕組み[編集]

発火の瞬間

紐を引く摩擦熱で火薬が発火する。そのほか、紐がバネを止めており、バネの衝撃で火薬が発火するものもある。

円すい形の容器はスピーカのコーンの役目を果たし、音を増幅する。効率よく増幅させるため、中は完全な空洞ではなく振動板が入っている物もある。

その他[編集]

  • 火薬を使うので拳銃を撃ったときと同じ硝煙反応が残る。銃規制のない国では拳銃事件が起きた際に「クラッカーを打った」と容疑者が言い張ることもある。
  • 特に公共施設等の屋内では、火薬を使用したクラッカーの使用を安全上禁止しているところがある(コンサートホール等も)為、エアー式クラッカーの需要も増加している。
  • クラッカーで発射する中身も最近は多くなっている。紙テープをはじめ、紙ふぶき、フラワーシャワーやぬいぐるみを詰めて発射するようなクラッカー発射装置もある。
  • 日本では、愛媛県にある(株)カネコ(本社:宇和島市)と(株)フジカ(本社:愛媛県北宇和郡鬼北町)の2社で国産の100%製造している。
  • 法律により薬量は0.05グラムまでと決められている。実際には0.013グラムまたは0.03グラムの製品が多い。
  • 火薬の成分はほとんど公開されていないが、塩素酸カリウム赤燐硫化アンチモンとする特許情報がある[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]