キヤノン・PowerShotシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Canon Powershot A590

キヤノン・PowerShotシリーズ(キャノン・パワーショットシリーズ)はキヤノンが発売しているデジタルカメラのシリーズである。

PowerShotシリーズ[編集]

PowerShot600
  • PowerShot6001996年発売) - 57万画素。キヤノン初のデジタルカメラ[1]
  • PowerShot30(1996年12月発売)[2]
  • PowerShot30T(1996年12月発売)[2]
  • PowerShot3501997年3月発売)[3] - パナソニック CardShot NV-DCF1OEMコニカ Q-mini QM-3501とはブランド違い。レンズは3群4枚6mmF2.8固定。
  • PowerShot600N(1997年3月発売)[4] - レンズは3群4枚7mmF2.5固定。


PowerShotAシリーズ[編集]

PowerShot A530

安価で必要十分な機能を持たせた初心者向けシリーズ。

  • PowerShotA51998年4月発売)[5]
  • PowerShotA5ズーム(1998年10月発売)
  • PowerShotA501999年4月発売)
  • PowerShotA202001年5月発売)
  • PowerShotA10(2001年6月発売)
  • PowerShotA402002年3月発売)
  • PowerShotA30(2002年3月発売)
  • PowerShotA100(2002年4月発売)
  • PowerShotA200(2002年6月発売)
  • PowerShotA702003年3月発売)
  • PowerShotA60(2003年3月発売)
  • PowerShotA300(2003年4月発売)
  • PowerShotA80(2003年10月発売)
  • PowerShotA752004年3月発売)
  • PowerShotA310(2004年3月発売)
  • PowerShotA95(2004年9月発売)
  • PowerShotA85(2004年9月発売)
  • PowerShotA400(2004年9月発売)
  • PowerShotA5202005年3月発売)
  • PowerShotA510(2005年3月発売)
  • PowerShotA410(2005年9月発売、海外向けのみ)
  • PowerShotA620(2005年10月発売)
  • PowerShotA610(2005年10月発売)
  • PowerShotA4202006年2月発売、海外向けのみ)
  • PowerShotA530(2006年3月発売)
  • PowerShotA540(2006年3月発売)
  • PowerShotA430(2006年3月発売)
  • PowerShotA700(2006年4月発売)
  • PowerShotA630(2006年9月発売)
  • PowerShotA640(2006年9月発売)
  • PowerShotA710IS(2006年9月発売)
  • PowerShotA4502007年2月発売)
  • PowerShotA460(2007年3月発売)
  • PowerShotA550(2007年3月発売)
  • PowerShotA570IS(2007年3月発売)
  • PowerShotA560(2007年8月発売)
  • PowerShotA650IS(2007年8月発売)
  • PowerShotA720IS(2007年8月発売)
  • PowerShotA590IS2008年2月発売)
  • PowerShotA580(2008年2月発売)
  • PowerShotA470(2008年3月発売)
  • PowerShotA1000IS(2008年9月発売)
  • PowerShotA2000IS(2008年9月発売)
  • PowerShotA1100IS2009年2月発売)
  • PowerShotA480(2009年2月発売)
  • PowerShotA2100IS(2009年3月発売、海外向けのみ)
  • PowerShotA495(2010年2月19日発売)
  • PowerShotA3100IS(2010年2月19日発売) - 乾電池ではなく専用バッテリー(NB-8L)なので注意が必要、また画像エンジンはDIGIC 3である。
  • PowerShotA2200(2011年2月17日発売)
  • PowerShotA3200IS(2011年2月17日発売)
  • PowerShotA1200(2011年3月3日発売)
  • PowerShotA3300IS(2011年8月4日発売) - Aシリーズ初の1600万画素、専用バッテリー(NB-8L)仕様
  • PowerShotA3300IS(2012年3月2日発売) - Aシリーズ初のタッチパネル搭載モデル
  • PowerShotA810(2012年4月5日発売) - 単3乾電池モデル
  • PowerShotA4000IS(2012年8月2日発売)
  • PowerShotA2400IS(2012年8月2日発売)

PowerShotSシリーズ[編集]

北米市場ではこれらに加え、日本でいうIXYデジタルシリーズのうちコンパクトフラッシュを使用するものもシリーズに加えられている。Sシリーズは2桁・3桁モデルと1桁モデルでは性格が異なり、2桁・3桁モデルはコンパクト機の中上位機種なのに対し、1桁モデルは高倍率ズーム機となっており現在はSXシリーズの2桁・3桁モデルが後継となる。2桁モデルについては番号があふれたため、3桁に移行している。

  • PowerShotS101999年10月発売)
  • PowerShotS202000年3月発売)
  • PowerShotS402001年10月発売)
  • PowerShotS30(2001年12月発売)
  • PowerShotS452002年10月発売)
  • PowerShotS502003年3月発売)
  • PowerShotS60(2004年6月発売)
  • PowerShotS70(2004年9月発売)
  • PowerShotS80(2005年10月発売)
  • PowerShotS902009年10月9日発売)
Canon PowerShot S95

PowerShotGシリーズ[編集]

EOSシリーズのスピードライトが使用でき、操作体系もEOSに準じた形となっており、EOSのサブ機としても使われることが多い。専用のコンバージョンレンズがオプションとして用意されている。Proシリーズがラインナップから外れているため、カタログ上では実質的にフラッグシップモデルとして位置づけられている。G7からG10とG15を除きバリアングル(可動式)モニターを搭載する。なお、PowerShotG4・G8・G13・G14は欠番になっている。このうち4・13は忌み番号になっているためと思われる。

  • PowerShotG12000年10月発売)
  • PowerShotG22001年9月発売、2002年3月黒モデル追加)
  • PowerShotG32002年11月発売)
  • PowerShotG52003年6月発売)
  • PowerShotG62004年9月発売)
  • PowerShotG72006年10月発売)
  • PowerShotG92007年10月発売)
  • PowerShotG102008年9月発売)
  • PowerShotG112009年10月発売)
  • PowerShotG122010年10月発売)
  • PowerShotG152012年10月発売)
  • PowerShotG1X2012年3月9日発売) - 1.5型CMOSセンサー、DIGIC 5を搭載したフラグシップモデル[6]。Gシリーズの中でも別格扱いのため、G15が登場しても生産を継続している。
  • PowerShotG162013年9月発売予定)

PowerShotProシリーズ[編集]

  • PowerShotPro701998年11月発売)[5]
  • PowerShotPro90IS2001年2月発売)
  • PowerShotPro12004年3月発売) - シリーズで初めてLレンズを搭載した。

PowerShotSXシリーズ[編集]

高倍率ズームレンズ搭載のシリーズ。2桁モデルは超高倍率のズームが特徴で、500番台モデルは2桁モデルの小型軽量化版のような存在である。また、200番台モデルは本体のコンパクトさ、100番台モデルは乾電池2本駆動であることが特徴である。

  • PowerShot SX1 IS2008年11月28日発売) - 光学20倍ズームを搭載。フルHD動画撮影可能。
  • PowerShot SX10 IS(2008年10月発売) - PowerShotSX1ISの姉妹機。
  • PowerShot SX20 IS2009年8月27日発売) - PowerShotSX10ISの後継機。
  • PowerShot SX30 IS2010年10月発売) - PowerShotSX20ISの後継機。光学35倍ズーム(840mm相当)を搭載。富士フイルムFinePixHS20EXR(光学30倍ズーム・720mm相当)を凌ぐ。ただし、このモデルは乾電池4本から専用のリチウム電池に変更されている。
  • PowerShot SX40 HS2011年9月23日発売) - PowerShotSX30ISの後継機。DIGIC 5を初めて搭載し、手ぶれ補正を強化。
SX50 HS、日本初となる光学50倍ズーム(1200mm相当)を搭載
  • PowerShot SX50 HS2012年9月27日発売) - PowerShotSX40ISの後継機。日本初となる光学50倍ズーム(1200mm相当)を搭載。
  • PowerShot SX100 IS2007年10月27日発売) - SXシリーズでは最初に発売された製品。光学10倍ズームを搭載する。
  • PowerShot SX110 IS(2008年9月発売) - PowerShotSX100ISの後継機。
  • PowerShot SX120 IS(2009年8月発売) - PowerShotSX110ISの後継機。
  • PowerShot SX130 IS(2010年8月26日発売) - PowerShotSX120ISの後継機。レンズが28mmと広角になり、光学12倍ズームとなった。HD動画撮影にも対応。
  • PowerShot SX150 IS(2011年9月23日発売) - PowerShotSX130ISの後継機。手ブレ補正を強化。なお、SX140ISは欠番である。
  • PowerShot SX160 IS(2012年9月27日発売) - PowerShotSX150ISの後継機。光学16倍ズーム(448mm相当)を搭載。
  • PowerShot SX210 IS(2010年3月12日発売)
  • PowerShot SX230 HS(2011年3月3日発売) - GPSを搭載。
  • PowerShot SX260 HS(2012年3月2日発売) - GPS、光学20倍ズーム搭載機。
  • PowerShot SX280 HS(2013年4月25日発売) - GPS、光学20倍ズーム搭載機。DIGIC 6を初めて搭載。
  • PowerShot SX500 IS(2012年9月27日発売) - 光学30倍ズーム搭載機。

その他のPowerShotシリーズ[編集]

  • PowerShot TX12007年3月発売) - 縦型メタルボディに光学手ぶれ補正機能付きの光学10倍ズームレンズを搭載し、静止画だけでなくハイビジョン画質の動画撮影にも対応した。
  • PowerShot E12008年9月発売) - カジュアルかつシンプルなデザインと機能を持ったモデル。
  • PowerShot D102009年5月発売) - アウトドアでの使用を考慮し、10m防水・防塵・耐防寒・耐衝撃を装備。
  • PowerShot D202012年5月発売) - D10の後継機。CMOSセンサーを搭載した、10m防水・防塵・耐防寒・1.5m耐衝撃を装備。
  • PowerShot N2013年4月発売) - 超極小カメラ。1枚撮れば、6パターンを一気に撮れる「クリエイティブショット」を搭載。キヤノン オンラインショップ限定販売のため、店頭での購入は不可能。

脚注[編集]

  1. ^ キヤノンから普及型のデジタルカメラ「PowerShot 600」登場”. PC Watch (1996年5月13日). 2012年5月1日閲覧。
  2. ^ a b キヤノン、PCカード型デジタルカメラ「PowerShot 30/30T」を発売”. PC Watch (1996年11月20日). 2012年5月1日閲覧。
  3. ^ キヤノン、35万画素のデジカメ「PowerShot350」を発表”. PC Watch (1997年1月17日). 2012年8月21日閲覧。
  4. ^ キヤノン、AF速度を改善した「PowerShot 600N」を発表”. PC Watch (1997年2月19日). 2012年8月23日閲覧。
  5. ^ a b キヤノン、超小型81万画素と168万画素のデジタルカメラ”. PC Watch (1998年3月12日). 2012年8月30日閲覧。
  6. ^ 価格.com - CANON PowerShot G1 X

外部リンク[編集]