キャリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャリー』(Carrie)は、スティーヴン・キング小説1974年ダブルデイ社から刊行された。

キングの処女作。念動能力(テレキネシス)を持つ少女が、母親からの虐待と、クラスメイトのいじめによって精神不安定に陥り、その能力によって殺戮を起こし、町を破壊する物語である。

1976年、アメリカでブライアン・デ・パルマにより映画化された。

あらすじ[編集]

ユーイン・エレメンタリースクールに通う少女・キャリーは早くに父親を亡くし、狂信的な母親に育てられていた。暗い性格で、いつもおどおどしているキャリーはいじめっ子たちにとって格好の相手であった。

そんなある日、バレーボールの授業の後にシャワーを浴びていたキャリーは初潮を経験する。母親から性教育を受けていなかったキャリーはパニックに陥り、それをクラスメートのクリス達がはやしたてるが、担任教師・デジャルダンによって収束される。クリス達はキャリーをいじめた罰としてプロムに出席できなくなってしまい、キャリーを逆恨みする。一方、一緒にはやしたてたスーザンは罪滅ぼしとして、自分の幼馴染みであるトミーに、キャリーをプロムに連れて行くように頼むのだった。

母親は「笑い者になる」とプロムに行くことを禁じるが、キャリーは「みんなに溶け込みたい」という意志を主張し、生まれて初めての反抗をする。自分で縫った白いドレスを着こみ、希望と不安との入り混じった気持ちでプロムへと向かうキャリー。しかしクリスとクリスのボーイフレンドのビリーは、キャリーを笑いものにするためのある計画をたくらんでいた。

その計画は、キャリーをの血だらけにして、プロムでみんなの笑い者にするための計画だった。養豚所の豚を撲殺して、その血をバケツの中に入れた。

キャリーとトミーがベストカップルに選ばれみんなの前に立つ。その瞬間、キャリーのの頭上に豚の血が降ってきた。

血塗れになったキャリーは覚醒し、プロム会場を破壊し、町を破壊する。

帰宅後、キャリーは体についた豚の血を洗い流す。その時、母親もろとも家屋を破壊した。

一命を取り留めたキャリーは一人、母親の墓の前で涙を流した。

登場人物[編集]

キャリエッタ・ホワイト
主人公で、通称「キャリー」。ユーイン・エレメンタリースクールの6年生。いじめや虐待を受けており、サイコパワー持ち。二重人格も持っており、普段は地味で内気な小学生だが、裏人格では攻撃的で荒々しい性格。
MOTHER2 ギーグの逆襲でも登場し、ネスとともに冒険するが、戦闘に参加せずナビとしての役割である。詳細はこちらを参照。
マーガレット・ホワイト
キャリーの母。狂信者で、キャリーを「汚れた子」扱いする。
血を洗い流していた娘を殺そうとし、娘に殺された。これが「MOTHER2」におけるキャリーのトラウマである。
スーザン・スネル
ユーイン・エレメンタリースクールの6年生。通称「スー」。才色兼備で気だても良い美少女。
トミー・ロス
ユーイン・エレメンタリースクールの6年生。スーの幼馴染みで、品行方正で優しい。スーの推薦で、キャリーとプロムでペアを組む。
クリス・ハーゲンセン
ユーイン・エレメンタリースクールの6年生。女子の中心的存在。スーザンと人気を二分する美少女で、キャリーをいじめる。
キャリーを逆恨みし、プロムでキャリーを豚の血を浴びせ笑い者にした後、キャリーに殺された。
ビリー・ノーラン
ユーイン・エレメンタリースクールの6年生。クリスのボーイフレンド。
クリスとともにキャリーを笑い者にした後、キャリーに殺された。
ミス・デジャルダン
ユーイン・エレメンタリースクールのキャリーの在籍しているクラスの担任である女性教師。

日本語訳[編集]

関連作品[編集]

映画
ミュージカル