キム・ヒョンジョン (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キム・ヒョンジョン
基本情報
出身地 韓国の旗 韓国ソウル市
ジャンル K-POP,Dance
活動期間 1998年
レーベル HIM entertainment
公式サイト Official website
キム・ヒョンジョン
各種表記
ハングル 김현정
漢字 金炫廷
発音: キムヒョンジョン
ローマ字 Kim Hyun-jung
テンプレートを表示

キム・ヒョンジョン1976年4月4日- )は韓国女性歌手[1]1998年デビュー。台湾では「エイミー・キム」名義で活動している[1]。2012年10月から2013年1月にかけ、KBS大河ドラマ『大王の夢』で女戦士ミョラン役で出演した。


ディスコグラフィ[編集]

  • 1集 - 그녀와의 이별(クニョワエイビョル:彼女との別れ)(1998年
  • 2集 - 되돌아온 이별(テドラオンイビョル:帰ってきた別れ)(1999年
  • 3集 - (モン:あざ)(2000年
  • 4集 - Wild Beauty(2001年
  • 5集 - Diet(2002年
  • 6集 - Hit For Six(2003年
  • 7集 - I LOVE SOUL(2004年
  • - Fun Town 20 (2005年)
  • - Dance with Hyun Jung (2006年)
  • 8集 In And Out (2008年)
  • - 1 MINUTE 1 SECOND(2011年)


エピソード[編集]

173cmの高い身長にあったさわやかで力のある声で、1998年を熱狂させた歌手キム・ヒョンジョン。外見でなく、実力で勝負するキム・ヒョンジョンの登場は韓国の歌謡界に活力を吹き込んだ。豊かな声量と魅力的な声、外見までそろった彼女の人気は1998年に最高峰に達した。1997年彼女のデビューアルバムは広報活動の不足で人気が出なかったが、セカンドアルバムを準備する頃、デビューアルバムの中の「彼女との別れ」が徐々に人気が出てきた。その一番の功労者はリスナーたち。普通、アルバムの内容は先に放送局を通じてリスナーに伝播される。しかしこのアルバムはその反対のケースだった。表題曲「彼女との別れ」が地方や大学街等で自然に流行りながら有名になった珍しいケースだった。彼女はタイトル曲「彼女との別れ」をRemixし、1998年5月にアルバムを再び出した。韓国内最高の振付師だと自負するホン・ヨンジュ他4人のダンシングチームと一緒にセクシーなダンスを披露して本格的な活動に入った後、各放送局のベストテン番組はもちろん各種チャート1位を連続的に独占し「彼女との別れ」の熱風が巻き起った。キム・ヒョンジョンは女子高時代、ヘビーメタルグループでボーカルをしていたというハスキーで豊かな声量と力のあるボーカル、魅力的な容姿で10代から中年層に至るまで多くの人々の好感を得た。

受賞歴[編集]

年度 受賞一覧
1998
  • KBS歌謡大賞(今年の歌手賞)
  • MBC歌謡大賞(新人歌手賞)
  • MBC歌謡大賞(人気歌手賞)
  • SBS歌謡大典(新人歌手賞)
  • SBS歌謡大典(10代歌手賞)
  • KMTV歌謡大賞(新人歌手賞)
  • KMTV歌謡大賞(人気歌手賞)
  • ソウル歌謡大賞(新人歌手賞)
  • ゴールデンディスク(本賞)
1999
  • ゴールデンディスク(本賞)
  • KMTV歌謡大賞(対象)
  • KBS歌謡大賞(今年の歌手賞)
  • SBS歌謡大典(10代歌手賞)
  • MBC歌謡大賞(今年の歌手賞)
  • 大韓民国芸能芸術賞(男女青少年歌謡賞)
2000
  • ゴールデンディスク(本賞)
  • MBC10代歌手歌謡祭(10代歌手賞)
  • SBS歌謡大典(10代歌手賞)
  • KBS歌謡大賞(10代歌手賞)
  • KMTV歌謡大賞(本賞)
  • N-TV(10代歌手賞)
  • MBC演技大賞(最優秀ラジオDJ賞)
2001
  • MBC10代歌手歌謡祭(10代歌手賞)
  • KBS歌謡大賞(本賞)
  • SBS歌謡大典(本賞)
  • ソウル歌謡大賞(最年少功労賞)
  • M.netミュージックビデオフェスティバル(女性ソロ歌手賞)
  • 大韓民国芸能芸術賞(新世代歌手賞)
  • KMTV歌謡大賞(本賞)
  • itv歌謡大賞(人気歌手賞)
2002
  • KBS歌謡大賞(本賞)
  • SBS歌謡大典(本賞)
2005
  • 中国の流行歌謡(最優秀ダンス賞)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『K-POPSTAR Vol.4』、マガジンランド、2001年12月、P12。

外部リンク[編集]