大王の夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大王の夢[1](だいおうのゆめ)は、2012年9月8日から2013年6月9日まで放送された韓国KBSのテレビドラマ。全70回。新羅第29代王、武烈王を主人公とした作品。日本では、同年10月からCSのKBSワールドにて「大王の夢 ~王たちの戦争~」のタイトルで放送。2013年11月5日から2014年2月17日までBS朝日で放送していた。

出演[編集]

金龍春の息子。新羅29代大王。
新羅の名将軍。金舒玄の息子。少年の頃にチュンチュと三韓統一の大志を抱き、二人三脚で統一に邁進する。大将軍、上大等、大角干(テガッカン)、太大角干(テデガッカン)と位人臣を極めた。
真平王の王女。新羅27代女王。和白(ファベク)会議(有力貴族の最高会議)で女王に推戴されたが、国内はピダムの専横に苦しみ、国外では女王と言うことを揶揄された。
  • 僧満(スンマン):イ・ヨンア 子役:キム・ヒョンス
真平王の第二王妃。自身の息子を大王にすべく、物語序盤でチュンチュと敵対する。
金庾信の祖父。萬呼の夫で、萬明の父。上大等(サンデドゥン:朝廷の最高位職)を長く務める。栄達・保身の為には政敵と結ぶことも多い。
金春秋の父。文興葛文王。

国(大和朝廷

  • 皇極天皇:倭国の女王。
  • 中大兄:後の天智天皇。中臣鎌足とともに大化の改新(韓国名:乙巳の変)を起こす。
  • 中臣鎌足:中大兄とともに、大化の改新を起こす。
  • 蘇我入鹿:大化の改新で殺される。
  • 大海人:後の天武天皇。定説では中大兄の同父母弟。一説に中大兄とは百済王族を父に持つ父親違いの兄という。[要出典]

百済

  • 武(ム)王パク・チョロ
  • 義慈(ウィジャ)王:百済最後の王。太子の頃は「海東の曾子」と賞された人物であったが、即位後慢心し恐怖政治を敷く。
  • 扶余豊(プヨ・プン):義慈王の息子。太子であったが、直言を義慈王に疎まれ廃位された。
  • 扶余隆(プヨ・ユン):義慈王の息子で、扶余豊廃位後の太子となる。
  • 扶余泰(プヨ・テ):義慈王の息子、王子。
  • 階伯(ケベク):百済の悲劇の将軍。
  • フンス:百済の佐平(サピョン、大臣)。
  • 成忠(ソンチュン):百済の佐平。慢心した義慈王に諫言を続けて怒りを買い、官職を剥奪され追放になる。
  • 福信(ボクシン):滅亡後の百済復興のために、レジスタンス活動を率いる将軍。
  • サンヨン:百済の佐平で奸臣。新羅に内通している。
  • チュンサン:百済の佐平。新羅に投降する。
  • ファシ:ケベクの家臣。

高句麗

  • 宝臧(ポジャン)王:高句麗最後の王。淵蓋蘇文の傀儡。唐に連行され人質になり、同地で死去。
  • 淵蓋蘇文(ヨン・ゲソムン):高句麗の莫離支(マンニジ)。

  • 太宗:唐2代皇帝。新羅に好意的で、羅唐同盟を結ぶも崩御。
  • 高宗:唐3代皇帝。朝鮮半島を支配する野心を抱き、軍事行動を起こす。
  • 蘇定方:百済征伐の都総管(総司令官)。兵法に詳しい百戦錬磨の将軍。
  • 董宝亮:蘇定方の配下。
  • 劉仁願:蘇定方の配下。。蘇定方が本国に戻った後、泗沘(サビ)城を守る。
  • 王文度:熊津都督。赴任早々金庾信に射殺される。
  • 劉仁軌:熊津都督。王文度の後任。
  • 孫仁師:右威衛将軍
  • 李世勣凌煙閣二十四功臣に名を連ねる老将軍。高句麗征伐の大総管。英国公に封じられたことから、朝鮮では英公と呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]